コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショートホーン Shorthorn

翻訳|Shorthorn

デジタル大辞泉の解説

ショートホーン(Shorthorn)

牛の一品種。英国原産の肉用短角牛

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ショートホーン【Shorthorn】

ウシの一品種。イギリス原産。体は、赤褐色と白色のまだらが多く、角は短い。日本にも早くから輸入され、和牛の改良に用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ショートホーン
しょーとほーん
Shorthorn

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。家畜ウシの肉用品種で、イングランド北東部原産。同地方にいたロングホーンを畜産家が選抜して角(つの)の短いものにした。肉牛中もっとも歴史の古い品種の一つで、1822年から登録が開始されている。毛色は純白または赤褐単色、赤白斑(はん)、糟毛(かすげ)などさまざまである。短い角の先端は内側に曲がる。体格は小形で、体重は雌で650キログラム、雄で900キログラム、体高は雌で1.25メートル、雄で1.35メートルほどである。体型は、長方形の典型的な肉用型である。やや繊細な性質であるが、早熟早肥で、肉質もよく、肉用種中では泌乳能力も優れている。日本には1873年(明治6)に導入され、日本短角種の改良に寄与した。一時とだえたが、1961年(昭和36)よりふたたびアメリカから輸入され、岩手県、青森県で飼育されている。[西田恂子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ショートホーンの関連キーワードいわて短角和牛あおもり短角牛エアシャー種日本短角種イラワラ肉用種乳用種赤褐色南部牛酪農牛乳肉牛糟毛和牛改良白色牛肉

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ショートホーンの関連情報