ショーラープル

百科事典マイペディアの解説

ショーラープル

インド西部,マハーラーシュトラ州南端の都市。交通の要地で,商業の中心。製糖綿織物絹織物などの工業が行われる。12世紀以来,ヒンドゥー教の聖地。マラーター戦争後,1818年英領。95万2000人(2011)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ショーラープル【Sholāpur】

インド中西部,マハーラーシュトラ州南端部の工業都市。ソーラープルSolāpurとも呼ばれる。人口60万4000(1991)。デカン高原上の南北,東西両交通路の十字路にあたり,12世紀以来ヒンドゥー教の聖地,巡礼地として栄え,また諸王国の係争の地となった。町は16世紀の城塞とシデシュバーラー寺院を核とする旧市のまわりに新市が同心円状に広がっている。周辺は肥沃な黒色土地帯の平原で,1840年代以降綿花栽培が拡大した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android