コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シルウェステル[1世] Silvester I

世界大百科事典 第2版の解説

シルウェステル[1世]【Silvester I】

?‐335
ローマ司教(教皇)。在位314‐335年。癩病にかかったコンスタンティヌス大帝に洗礼を施して全快させ,大帝より財産を寄進されたとの伝説がある(《コンスタンティヌスの寄進状》)。ラテラノ大聖堂(サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂)を建立した。石工,左官などの守護聖人。美術作品における持物は,伝説にちなんだ牡牛(彼が生き返らせた),竜(毒を吐くその口を封じた)など。通常,三重冠をかぶり錫杖や本を持つ司教服姿で表される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のシルウェステル[1世]の言及

【音楽学校】より

…音楽の演奏,理論,作曲,教育,音楽学などを教育,研究するための社会的機関をいう。その源流は,4世紀に教皇シルウェステル1世によりローマ教会用の聖歌要員養成機関として設立されたスコラ・カントルム(聖歌学校)にまでさかのぼることができるが,近代的な意味での音楽学校の元祖は,ベネチアの〈オスペダーレospedale(病院)〉であるとされている。すなわち,病院の付属機関として,ピエタ慈善院Ospedale della Pietà(1346)などが設立され,音楽の才能のある女子に対して教育が行われたのである。…

【コンスタンティヌスの寄進状】より

…作成の事情に関しては異見が多く,ピピン3世の754年のローマ教会への寄進に関連して,または800年のカール大帝の戴冠を正当化するためにローマで作成されたとする説が有力であるが,9世紀前半フランク王国成立説もある。内容は,コンスタンティヌス1世(大帝)が癩病を時のローマ司教シルウェステル1世(在位314‐35)の洗礼によって治癒してもらったことに感謝して,ローマ司教とその後継者がアンティオキア,アレクサンドリア,コンスタンティノープル,エルサレムの四主教座の上に支配権を有すること,またローマ市を含む全イタリア,西方属州,地区および都市をローマ司教の支配にゆだねることを述べており,教皇権の世俗権,皇帝権に対する優越を主張したものとされる。その偽書たることは15世紀にニコラウス・クサヌスおよび最終的にはバラによって論証された。…

※「シルウェステル[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シルウェステル[1世]の関連キーワード監査役シルウェステル1世チャンドラグプタ1世グプタ朝ギリシア哲学史(年表)イタイイタイ病カドミウム腎症シティ・フィールドストーカー規制法大ウスリー島と国境交渉

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android