カノン(英語表記)canon

翻訳|canon

デジタル大辞泉 「カノン」の意味・読み・例文・類語

カノン(canon)

《「キャノン」とも》
キリスト教の教理典範。教会法。また、聖書の正典。
ある声部の旋律を、他の音部がそのまま忠実に模倣しながら追いかけていく、対位法的な楽曲形式、または楽曲。追復曲。
美術用語で、基準・標準の意。特に、古代ギリシャの理想的な人体の標準比例。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「カノン」の意味・読み・例文・類語

カノン

  1. 〘 名詞 〙 ( [英語] canon [ドイツ語] Kanon 元来、ギリシア語の kanōn に由来 )
  2. キリスト教で、信仰上の規則。教会法。また、聖書の正典。〔外来語辞典(1914)〕
  3. 西洋音楽の楽曲形式の一つ。第二、第三などの声部が次々に模倣しながら進む、対位法的なもの。
    1. [初出の実例]「西洋の管絃楽に見る〈略〉カノンと云ふ如き複雑多様の組立を」(出典:冷笑(1909‐10)〈永井荷風〉一二)
  4. 美術で、人体各部の寸法の比の基準。標準律。古代ギリシアの彫刻家ポリュクレイトスの作品である理想の男性彫刻の名称による。

カノン

  1. 〘 名詞 〙 ( [オランダ語] kanon ) =カノンほう(━砲)
    1. [初出の実例]「カノンといふは鉄弾重さ四十斤、半里の外に至る」(出典:西洋紀聞(1725頃)下)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「カノン」の意味・わかりやすい解説

カノン
canon

古代ギリシアの建築術,彫刻術において〈測量竿,物差,基準〉を意味した言葉〈カノンkanōn〉は,クラシック期以来,特に人体表現の際の部分の合体に対する,あるいは各部分相互の比率を意味するようになった。この人体比率を最初に理論的に追求したのは前5世紀の彫刻家ポリュクレイトスで,のちに《カノン》を著した。この著作自体はわずかな断片を除いて失われてしまったが,彼の代表作《ドリュフォロス(長槍を担ぐ人)》は,彼の理論の具現化であり,後代の人々はこの作品をも《カノン》と呼んだ(原作は失われているがローマ時代の模刻がナポリの国立考古学美術館をはじめ各所に多く残されている)。ローマ時代の建築家ウィトルウィウスは,カノンを〈レグラregula〉と翻訳し,人体の比率を建築の原理に当てはめることを試みた。人体表現に再び関心をもつようになったルネサンス時代に古代のカノンは,主としてウィトルウィウスの建築書を通して復活し,なかでもレオナルド・ダ・ビンチやデューラーは,完全なる人間の表現を目ざして,人体の理想的な比率を追求した。以後17世紀,19世紀の古典主義を通して今日に至るまで,人体表現のための比率の研究とその正確な表現は,美術の重要な課題の一つになっている。
執筆者:

中世以後の西洋多声音楽における最も厳格な模倣対位法の技法およびその技法による楽曲をさす。カノンが〈基準〉を意味するように,本来,一つの旋律から複数の声部を導き出して楽曲を構成するための指示句を意味していた。同じように模倣対位法にフーガがあるが,フーガが主題だけを模倣するのに対して,先行声部全体を後続声部が厳格に模倣するところに特徴がある。かつてはこれもフーガと呼ばれていたが,17世紀以後両者はしだいに区別されるようになった。模倣の仕方によってさまざまな種類がある。以下,おもなものを挙げる。(1)平行カノン 後続声部が先行声部の旋律を種々の音程間隔で模倣する(図1)。音程の隔たりにより同度のカノン,5度の平行カノンなどという。(2)反行カノン 転回カノンともいい,先行声部の上行は後続声部では下行し,またその逆の形で模倣する(図2)。(3)逆行カノン 主声部を後ろから逆に読んだものを他声部で同時に提示する(図3)。蟹のカノンともいう。(2)と(3)は鏡像カノンとも呼ばれる。(2)と(3)の混合型もある。(4)拡大カノン縮小カノン 先行声部の音価を一定の比率で拡大ないし縮小して模倣する(図2は2倍の例)。古くは拍子を変えて同時に提示するものもあった。(5)無限カノン有限カノン 輪唱のように際限なく繰り返すことのできるもの(図1)と終止部のあるもの。(6)螺旋カノン 繰返しごとに転調してゆくもの。(7)なぞのカノン 記譜された1声部から複数の声部が導き出されるもの。指示句(カノン)や複数の音部記号で暗示される場合が多く,判じ物的な性格が強い(図4)。その他,先行・後続各声部がそれぞれ2声以上から成るもの(各2声の場合,二重カノン),声部群単位で模倣されるもの(群カノン),模倣を行わない声部を含むもの(混合カノン。図1),音程でなくリズム型が模倣されるもの(リズム・カノン)などがある。

 カノンの歴史は,14世紀イギリス,フランス,イタリアの世俗的な多声声楽曲(カッチャ,フーガ,ロンデッルス,ロンドーなど)に始まる。現存最古の例は1310年ころの《夏のカノン》である。カノン技法は15世紀にネーデルラント楽派モテットやミサ曲,シャンソンなどで一つの頂点を迎え,17世紀前半に至るまで数多くの技巧的な作品が書かれた。バロック時代には器楽にも盛んに応用され,特にJ.S.バッハの晩年の作品群で各種の技法が集大成された。18~19世紀にもカノンは散見されるが,むしろ楽曲の中で部分的に使われることが多い。18世紀以後カノンは既に歴史的技法であり,理論的ないし教育的関心の対象となっていた。20世紀になると,この技法は特に十二音音楽セリー新古典主義などにおいて,再び創作面で重視されるようになった。

 〈カノン〉はこのほか,楽器名として古代ギリシアのモノコルド(一弦琴)や中世のチター属弦楽器の一種をさす場合,ビザンティンの典礼聖歌の一詩型,また,カトリックのミサで司祭の唱える奉献の祈りの典文のこともさす。
執筆者:


出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「カノン」の意味・わかりやすい解説

カノン

法則・規則を意味するギリシア語のkanonに由来。(1)キリスト教では教理典範,教会で認めた聖書正典(正経ともいう。外典に対する),ミサの典文の一部,教会法などをいう。(2)音楽では対位法による作曲の形式の一つ。一つの声部が他の一つ以上の声部によって次々に規則的に模倣されていくこと。模倣の仕方については,厳格に模倣することを中心に(平行カノン),反行,逆行,拡大,縮小などがあり,それらが単独あるいは組み合わされて使われる。(3)美術では均衡のとれた特に人体の標準比例をさし,ギリシアで基準がつくられた。彫刻家ポリュクレイトスは《カノン》という書を著し,《ドリュフォロス(長槍を担ぐ人)》でそれを実証したといわれるが,この書は伝わっていない。ローマ時代にガレノスがその比例について引用しているが,正確な数字はわからず,後世論議されている。人体の実測的比率はデューラーレオナルド・ダ・ビンチに初めて見られる。→正典
→関連項目パッヘルベル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「カノン」の意味・わかりやすい解説

カノン
canon

音楽用語。きわめて厳格な対位法的模倣形式。一つの声部の旋律が,ある間隔をおいて他の声部によって,同一音程もしくは異なった音程で厳格に模倣される楽曲。いわゆる輪唱はその最も単純な形。主導する声部を先行声部,模倣する声部を後続声部という。カノンは,2声に限られず,3声,4声のものもある。現存する最古のカノンは,有名な『夏は来りぬ』 (イギリス,1300頃) という6声の無限カノンである。後続声部の模倣の方法により,次のような種類に分けられる。 (1) 平行カノン,(2) 反行カノン,(3) 逆行カノン,(4) 反逆行カノン,(5) 縮小カノン,(6) 拡大カノン,(7) 二重カノン,(8) 無限 (循環) カノン,(9) 混合カノン,(10) 謎カノンなど。

カノン
al-Qānūn fī al-Ṭibb

『医学典範』。ペルシアの医師イブン・シーナー(980~1037)の主著で,アラビア医学を集大成したもの。1476年にラテン語に翻訳され,16世紀までヨーロッパで広く読まれた。5巻からなり,第1巻第1章は医学の定義,本務に始まり,第2巻は単純薬,第3巻は身体各部の疾患,第4巻は熱病その他,第5巻は解毒薬,複合薬となっている。この書はアリストテレスガレノスの思想に立脚しているが,イブン・シーナー自身の経験も加えられており,論理,記述が正確で,アラビアのみならず,中世ヨーロッパ最高の医学書とされている。

カノン
canon

規定を意味するギリシア語 kanōnに由来する。キリスト教用語としては,(1) 正典すなわち聖典としての権威をもつ聖書の各書。 (2) ミサ典文 ミサ中,感謝の賛歌のあと「まことに聖なる父よ」で始る奉献文から,交わりの祭儀の前の,「キリストによって…」の祈りまでの部分。 (3) 教理規定 信仰,道徳について公会議や教皇が定めた権威ある規定。 (4) 司祭修道会員 canonicus regularis 教区付き司祭で,司教座聖堂を中心に誓願を立てて共住生活をおくる司祭。現在では称号としてのみ残る場合が多い。司教座聖堂付き参事会員ともいう。

カノン
aesthetic canon

美術用語。造形美術の領域では人体均衡論を意味する。前5世紀のギリシアの彫刻家ポリュクレイトスは,人体のプロポーションを研究して『カノン』を著わし,これを『ドリュフォロスの像』 (原作は青銅像,ローマ時代の模刻のみ現存) によって具体化した。以後ローマ時代のガレノス,ウィトルウィウスを経てルネサンスに受継がれ,L.アルベルティ,レオナルド・ダ・ビンチ,A.デューラーらによって一層詳しく研究された。

カノン

キャノン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラス 「カノン」の解説

カノン

ドイツの作曲家ヨハン・パッヘルベル(1653-1706)の室内楽曲。原題《Kanon》。『3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ』の第1曲。『パッヘルベルのカノン』の名で広く親しまれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

367日誕生日大事典 「カノン」の解説

カノン

生年月日:1836年5月7日
アメリカの政治家
1926年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内のカノンの言及

【イタリア音楽】より

…ダンテのあとを受けたペトラルカやボッカッチョの時代の14世紀に,初めは北イタリアのベローナやミラノの宮廷で,やがてはフィレンツェを中心に,マドリガーレ,バラータ,カッチャなどの形式による世俗歌曲が,多くは2~3声で,盛んに作られた。マドリガーレはイタリア独自の形式,バラータは,おそらく13世紀のラウダに現れたものから発展し,同時代のフランスのビルレーの影響を色濃く受けたもの,カッチャは,西ヨーロッパにかなり広がっていたカノンの技法を発展させたものである(《夏のカノン》)。 盲目の音楽家ランディーニFrancesco Landiniは,14世紀のイタリア音楽を代表する。…

【ギリシア美術】より

…アルゴス派の巨匠ポリュクレイトスは,〈コントラポスト(対比的均斉)〉の手法によって,男性立像の表現に古典的解決を与えた。彼はまた人体のプロポーションを研究して《カノン(基準)》を著し,このカノンに基づいて《槍をかつぐ青年》や《勝利の鉢巻を結ぶ青年》を制作した。前4世紀の後期クラシックに入ると,彫像の形姿はしだいにより優しく軽快なものに変わり,気品と自信に満ちた神の顔は,より人間的・情緒的な表情を帯びてくる。…

【聖書】より

…このように新約聖書の諸文書は,初期のキリスト教会においてさまざまに形成された伝承に基づいて,それぞれのイエス理解と福音の喜びとを人々に伝えようとする信仰の証言であった。
【聖書の正典化】
 〈正典(カノン)〉とは信仰,生活,教義に基準を与える権威が教団によって公認された特別の書物のことであり,その他の書物との区別がなされる。ユダヤ教およびキリスト教はこのような正典概念を形成し,また維持した。…

【フーガ】より

… 音楽史においてフーガという用語が登場するのは14世紀初めに声楽形式としてであるが,必ずしも特定の書法を意味してはいない。15世紀ころにはとくにカノン(厳格模倣形式)を意味するものとして用いられ,最初の音楽辞典として知られる《楽語集》(1473ころ)を編んだJ.ティンクトリスもこの意味でフーガを規定している。しかし,16,17世紀においては模倣書法の総称として用いられることも多い。…

※「カノン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android