シルヴィオ ベルルスコーニ

  • Silvio Berlusconi

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
政治家,実業家 元イタリア首相,元フィニンヴェスト・グループ会長

国籍
イタリア

生年月日
1936年9月29日

出生地
ミラノ

学歴
ミラノ大学法学部卒

経歴
ミラノの銀行員の子に生まれる。国立大学・法学部の卒論で最優秀賞を獲得。1961年25歳で最初の会社(建設業)を興し、ミラノ郊外の新興住宅地開発で名をあげる。’74年有線テレビ会社、’75年持ち株会社フィニンベストを設立。’76年新聞「イルジョルナレ」の株主となった後、発行人。’78年“カナーレ5”の放送を開始、初の民放全国ネットに育て上げる。’86年にはプロサッカークラブ・ACミランを買収、会長に就任、クラブをヨーロッパ最強に育てる。’80年代後半には民間三大ネットワークを傘下に収め、’96年メディアセットに統合、“メディアの帝王”と呼ばれた。’90年出版社・モンダドリの最大株主となり会長。建設・不動産、テレビ放送、広告、映画・娯楽、出版、金融・保険、流通、グループサービスと多方面に事業を展開、約300社を傘下に収める一大企業集団フィニンヴェスト・グループを築く。’93〜94年1月同グループ会長。’93年政界進出を目指し、右派新党フォルツァ・イタリアを結成。’94年3月イタリア下院議員に初当選。右派連合代表も務め、5月首相に就任するが、実業家時代の汚職疑惑などで、12月内閣総辞職に追いこまれる。’98年7月不正政治献金と贈賄で有罪判決を受けたが、いずれも2001年11月までに最高裁で無罪確定。2001年5月中道右派の野党連合“自由の家”を率い、総選挙で勝利を収め、6月7年ぶりに首相に返り咲く。12月外相兼任。2005年4月地方選挙で連立与党勢力が惨敗したのを受け辞任するが、再度指名を受け、第3次ベルルスコーニ内閣を発足。2006年4月の総選挙では“自由の家”がプローディ元首相率いる中道左派連合に敗れ、5月首相辞任。2008年4月総選挙で“自由の家”が中道左派連合に勝ち、5月2年ぶり3回目の首相に就任。2009年ベロニカ夫人と離婚。2011年1月少女買春疑惑で起訴される。同年11月首相辞任。2013年8月脱税事件で実刑確定。11月上院により上院議員資格を剥奪され失職。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android