シレル(英語表記)Leon Schiller de Schildenfeld

世界大百科事典 第2版の解説

シレル【Leon Schiller de Schildenfeld】

1887‐1954
ポーランドの演出家。大商人の子で,大学を中退して歌い手となり,2年間パリに遊んでクレーグの愛顧を受けた。帰国の翌年(1910)自殺未遂事件を起こしたが,この波乱に富むスタートは〈劇界史で最大の人物〉となる生涯を暗示する。左翼活動でリボフ(現,ウクライナ領)への追放(1932),アウシュビッツ送りと釈放(1941),偽修道僧(1943‐44)を経て,第2次大戦後の統一労働者党への入党,ワルシャワ演劇大学長就任,さらにポーランド劇場長解任(1950)など,20世紀に生きる〈ルネサンス人間〉の面目を全人生で発揮した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シレル
しれる
Leon Schiller
(1887―1954)

ポーランドの演出家、演劇理論家。クラクフに生まれ、パリでゴードン・クレイグを知り、その反写実主義的な演劇改革を熱心に奉ずるようになった。1917年ワルシャワで演出家としてデビューし、その理論を実践に移した。ポーランド・ロマン派のミツキェビッチやスウォワツキらの詩劇を「記念碑的演劇」とよぶスタイルのもとで演出し、また、自国の歌劇と政治性の強い同時代作品も多く手がけた。直弟子にデェイメック、アクセルらがおり、その理論はいまもなお大きな影響力をもっている。[山田正明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android