コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シレル Leon Schiller de Schildenfeld

2件 の用語解説(シレルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シレル【Leon Schiller de Schildenfeld】

1887‐1954
ポーランドの演出家。大商人の子で,大学を中退して歌い手となり,2年間パリに遊んでクレーグの愛顧を受けた。帰国の翌年(1910)自殺未遂事件を起こしたが,この波乱に富むスタートは〈劇界史で最大の人物〉となる生涯を暗示する。左翼活動でリボフ(現,ウクライナ領)への追放(1932),アウシュビッツ送りと釈放(1941),偽修道僧(1943‐44)を経て,第2次大戦後の統一労働者党への入党,ワルシャワ演劇大学長就任,さらにポーランド劇場長解任(1950)など,20世紀に生きる〈ルネサンス人間〉の面目を全人生で発揮した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シレル
しれる
Leon Schiller
(1887―1954)

ポーランドの演出家、演劇理論家。クラクフに生まれ、パリでゴードンクレイグを知り、その反写実主義的な演劇改革を熱心に奉ずるようになった。1917年ワルシャワで演出家としてデビューし、その理論を実践に移した。ポーランド・ロマン派ミツキェビッチスウォワツキらの詩劇を「記念碑的演劇」とよぶスタイルのもとで演出し、また、自国の歌劇と政治性の強い同時代作品も多く手がけた。直弟子にデェイメック、アクセルらがおり、その理論はいまもなお大きな影響力をもっている。[山田正明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シレルの関連キーワードザメンホフシマノフスキニュージーランド亜区ポーランド回廊ポーランド語ポーランド分割ヤゲロー朝ワンダーランド阪東宏鈴木裕美

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シレルの関連情報