コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロガヤ Aglaophenia whiteleggei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロガヤ
Aglaophenia whiteleggei

刺胞動物門ヒドロ虫綱レプトテカータ目ハネガヤ科。高さ 15cm内外の樹枝状の群体をつくる。幹から不規則に枝を出し,さらに各枝から小枝が羽状に広がる。幹や枝は黒いが小枝は白い。ヒドロ莢は小枝上に 8~12個ずつ 1列に並ぶ。生殖体は枝の中ほどにつくられ,小枝が変形してできたかご状のものの中にあるが,かごは閉じていない。刺されると激しい痛みを感じ,のちにかゆみが続く。本州以南の内湾の岩礁に普通に見られ,オーストラリアにも分布している。(→刺胞動物ヒドロ虫類無脊椎動物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロガヤ
しろがや / 白萱
[学]Aglaophenia whiteleggei

腔腸(こうちょう)動物門ヒドロ虫綱ヒドロイド目ハネガヤ科に属する海産動物。個体が癒着し、高さ5~20センチメートルほどの樹状の群体を形成する。幹から枝が不規則に各方面に出ており、その枝の上に小枝が羽状をなして互生し、その小枝上に10個ほどのヒドロ莢(きょう)が並んでいる。各ヒドロ莢の口縁には、その前面中央に大形の1歯があり、また側縁にはおのおの2個の小歯がみられる。生殖体は枝の中央付近に生じ楕円(だえん)形で、この生殖体をつけている枝は変形して籠(かご)状となり、それら生殖体を取り囲んでいる。本州北部より琉球(りゅうきゅう)諸島に至る各地の浅海にきわめて普通にみられるほか、小笠原(おがさわら)諸島からも知られている。オーストラリアにも分布する。本種の刺胞毒は比較的強く、人が触れるとかなりの痛みを感ずる。群体は全体として白色を帯びており、そのためこの名がある。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシロガヤの言及

【アカガヤ】より

…十数本の小枝が変形してできたかご(コルビュラcorbula)の中に生殖体を包みこんでいる。近縁種のシロガヤA.whiteleggeiは高さ7~20cmの幹から枝を不規則に各方面にだして羽状の群体をつくる。幹と枝は黒褐色であるが,小枝が白いため全体が白く見える。…

※「シロガヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シロガヤの関連キーワード浜坂海域公園地区国賀海域公園地区カヤ(海産動物)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android