コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロガヤ シロガヤ Aglaophenia whiteleggei

2件 の用語解説(シロガヤの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロガヤ
シロガヤ
Aglaophenia whiteleggei

刺胞動物門ヒドロ虫綱レプトテカータ目ハネガヤ科。高さ 15cm内外の樹枝状の群体をつくる。幹から不規則に枝を出し,さらに各枝から小枝が羽状に広がる。幹や枝は黒いが小枝は白い。ヒドロ莢は小枝上に 8~12個ずつ 1列に並ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロガヤ
しろがや / 白萱
[学]Aglaophenia whiteleggei

腔腸(こうちょう)動物門ヒドロ虫綱ヒドロイド目ハネガヤ科に属する海産動物。個体が癒着し、高さ5~20センチメートルほどの樹状の群体を形成する。幹から枝が不規則に各方面に出ており、その枝の上に小枝が羽状をなして互生し、その小枝上に10個ほどのヒドロ莢(きょう)が並んでいる。各ヒドロ莢の口縁には、その前面中央に大形の1歯があり、また側縁にはおのおの2個の小歯がみられる。生殖体は枝の中央付近に生じ楕円(だえん)形で、この生殖体をつけている枝は変形して籠(かご)状となり、それら生殖体を取り囲んでいる。本州北部より琉球(りゅうきゅう)諸島に至る各地の浅海にきわめて普通にみられるほか、小笠原(おがさわら)諸島からも知られている。オーストラリアにも分布する。本種の刺胞毒は比較的強く、人が触れるとかなりの痛みを感ずる。群体は全体として白色を帯びており、そのためこの名がある。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシロガヤの言及

【アカガヤ】より

…十数本の小枝が変形してできたかご(コルビュラcorbula)の中に生殖体を包みこんでいる。近縁種のシロガヤA.whiteleggeiは高さ7~20cmの幹から枝を不規則に各方面にだして羽状の群体をつくる。幹と枝は黒褐色であるが,小枝が白いため全体が白く見える。…

※「シロガヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シロガヤの関連キーワードアカガヤ腔腸動物ハネガヤヒドロ虫類刺胞動物タマウミヒドラクラゲ(水母)アシナガコップガヤウミヒノキ(海檜)ヒドロ虫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone