コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロスジコガネ シロスジコガネ Granida albolineata

2件 の用語解説(シロスジコガネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロスジコガネ
シロスジコガネ
Granida albolineata

鞘翅目コガネムシ科。体長 24~32mm。体は赤褐色で,上翅にそれぞれ3本の白色微毛から成る縦条がある。触角は 10節で,雄では先端の7節,雌では5節が片状に伸び,その長さは雄では触角柄部の3倍に達する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロスジコガネ
しろすじこがね / 白条金亀子
[学]Granida albolineata

昆虫綱甲虫目コガネムシ科コフキコガネ亜科に属する昆虫。日本各地の海岸に分布する。体長24~32ミリメートル。体は長めで褐色、上ばねに各3条の白い縦条があって見分けやすい。触角の片状部は雄では7節で長い。成虫は松林のあるような海浜地帯に普通にみられ、夏の夜はよく灯火にくる。幼虫は砂地で木の根を食べ、マツ、ニセアカシアの害虫。奄美(あまみ)諸島や沖縄諸島には、本種によく似た近縁のオキナワシロスジコガネG. schoenfeldtiが分布する。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シロスジコガネの関連キーワード根切虫ヒメコガネヤンバルテナガコガネ釣鐘虫銅鉦蚉蚉黄金虫粉吹金亀子山原手長金亀子クソムシ(糞虫)コガネムシ(黄金虫∥金亀子)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone