コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンクロミズム Synchromism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンクロミズム
Synchromism

サンクロミスムともいう。 1912~13年にパリで活躍していたアメリカ人画家,S.マクドナルド=ライトと M.ラッセルによって提唱された色彩を重視する抽象絵画運動。この語はシンフォニーとクローム (色彩) との合成語で,色彩による交響楽を画面にかなでようという意味をもつ。ラッセルの作品『青のサンクロミー』がこの語の起源となっているが,内容的にはオルフィスムから強い影響を受けている。ほかに A.フロスト2世や P.ブルースもこの運動の一員であったが,特にフロストによってアメリカにもたらされたこの運動は,アメリカでの最初の美術運動として長く大きな影響を残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

シンクロミズム【synchromism】

1913年アメリカの画家モーガン=ラッセル(1886~1953)とマクドナルド=ライト(1890~1973)がヨーロッパで始めた美術運動。明るく動きのある色彩の交響楽を描き出そうとするもの。アメリカにおける近代絵画運動の先駆。サンクロミスム。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シンクロミズム
しんくろみずむ
synchromism

20世紀初めアメリカ人によって行われた色彩実験による美術運動。1913年、モーガン・ラッセルとスタントン・マクドナルド・ライトの2人は、ミュンヘン(6月)とパリ(10月)で2人展を開き、新しい色彩絵画を提示した。「シンクロミー」は「色彩で」という意味で、ラッセルの初期の作品からとった名称。ドローネーのオルフィスムの影響から出発したものとみられていたが、それよりも早くラッセルが純粋な色彩構成による実験を進めていたことが近年になって判明した。彼らの理論的な出発点になったのはスーラに始まる新印象主義絵画にあったが、純粋色の配列を感覚的な快感を呼び起こすように構成しようとしたところに意味があった。しかし美術運動としてはわずか1年余りで終わっている。[桑原住雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シンクロミズムの関連キーワードラッセル(Morgan Russell)トーマス・ハート ベントンマクドナルド=ライトサンクロミスムヨーロッパ桑原住雄ベントン先駆

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android