コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンチュー(新竹)市 シンチューXinzhu

1件 の用語解説(シンチュー(新竹)市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンチュー(新竹)〔市〕
シンチュー
Xinzhu

タイワン (台湾) 北西部,シンチュー平野にある市。中国国民党政府のタイワン省直轄市。鄭成功の時代に開かれた古都で,清の雍正年間 (1723~35) に市街の周囲にタケを植えめぐらせて竹塹城と呼ばれ,光緒年間 (1875~1908) に新竹城と改称された。米,チャ(茶)などの農産物の集散が盛ん。南東約 10kmのチュートン (竹東) 付近は天然ガス,石油,石炭を産出し,これらが誘因となって,第2次世界大戦後,セメント,製紙,ガラス,繊維,製薬,食品加工などの工業が発達した。また,先端技術産業を集めたシンチュー工業団地が郊外に建設された。文教の一中心地で,チンホワ (清華) 大学,交通大学がある。孔子廟関帝廟,城隍廟,竹蓮寺など旧跡も多い。鉄道が通り,チュートン方面への支線が分岐している。面積 104km2。人口 39万9035 (2008推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone