シンプソン(読み)しんぷそん(英語表記)George Gaylord Simpson

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シンプソン(George Gaylord Simpson)
しんぷそん
George Gaylord Simpson
(1902―1984)

アメリカの古生物学者。1923年エール大学を卒業してヨーロッパへ留学。帰国後、1942年アメリカ自然史博物館で化石哺乳(ほにゅう)類の管理官となる。1944年コロンビア大学の地質古生物学部長、1945年同大学古生物学教授となり、1959~1969年ハーバード大学教授を務めた。北アメリカ、中央アメリカ、南アメリカの多数の資料について、化石哺乳類の研究をし貴重な貢献をなした。系統分類や生物進化について多くの著作を書き、進化速度や進化相関に関する考えを示した。[小畠郁生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シンプソンの関連情報