コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーアンカー sea anchor

翻訳|sea anchor

デジタル大辞泉の解説

シー‐アンカー(sea anchor)

船舶が荒天航行が困難なとき、横波を受けないように船首から海に投入する布製の船具海水の抵抗を受けて錨のような役をさせる。海錨(かいびょう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

シーアンカー【sea anchor】

荒天で航行が困難になった船舶が横波を避けて漂泊するため、船首から海中に投じる帆布製の凧たこのような船具。海錨かいびよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シーアンカー
しーあんかー
sea anchor

荒天時に船首を波に向けて保ち、波の衝撃を和らげるために船首から海中に投じて使用する錨(いかり)に似た抵抗物。海錨(かいびょう)ともいう。
 船が航海中に台風や低気圧に遭遇し、海が大荒れとなり、そのまま航海を続けると船体が波の衝撃でへこんだり破壊したりすることがある。このような場合は、できるだけ速力を落として低速で走るか、船を停止させるかして、波の衝撃を和らげる処置をとる必要がある。しかし、船を停止させると、舵(かじ)が効かなくなり、船は波に横向きになってしまう。船は横波を受けると横揺れが増し、ときには転覆する危険もある。したがって、極度に速力を落としたり、停止させたときでもつねに船首を波に向けたままにしたい。そのためには、ロープに係止した抵抗物を船首から前方海中に投じ、錨を投じたときのように、その抵抗で船体を支えながら引きずり、船首を波に向けて保持する。シーアンカーは船内の資材を利用して組み立て、いろいろな型式のものが用いられる。[岩井 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシーアンカーの言及

【錨】より

…20万重量トン程度の大型タンカーでは錨の重量が18t,錨鎖は350m(10tくらい)ほどになるから,1組で100t程度の把持力をもつことになる。 錨には,このほか灯台船などを長期間係留するのに使われるキノコ形のもの,錨にたこのように帆布を付けて海中をひく海錨(シーアンカー)などがある。後者はヨットや救命艇などで,荒天時に漂流する際に船を波の方向に向けて転覆を避ける目的に使用される。…

※「シーアンカー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シーアンカーの関連キーワードメガマウス潮帆シー岩井船舶