コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーサット SEASAT

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シーサット
SEASAT

sea satelliteの略。 1978年に,NASAによって打ち上げられた海洋リモートセンシング研究のための衛星。合成開口レーダを初めて搭載したほか,マイクロ波散乱計および同高度計を併せ持つ,本格的な能動型マイクロ波リモートセンシング衛星。そのほか,走査型多チャンネルマイクロ波放射計および可視赤外放射計も搭載されている。電源系の故障により,運用期間は 100日余りと短命であったが,能動型マイクロ波センサの有効性を実証し,世界のリモートセンシング衛星計画に大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シーサット(Seasat)

sea satelliteNASA(ナサ)の海洋観測衛星。1978年に打ち上げられたが、電気系統の故障によりプロジェクトは失敗に終わった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

シーサットの関連キーワード賄賂罪タイ地中海(異なった大陸に囲まれた海)請託衛星放送DVB国際通信アッタロス[1世]河村隆一真矢

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android