コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯電防止 たいでんぼうしantistatics

2件 の用語解説(帯電防止の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帯電防止
たいでんぼうし
antistatics

合成繊維は疎水性のものが多く,紡糸,織布などの工程中だけでなく,製品化したあとまで,摩擦により静電気を帯電しやすく,加工上の障害のほか,製品を着脱するとき,放電によって人体にショックを与える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいでんぼうし【帯電防止 antistatic finish】

静電気の帯電を防ぐこと。吸湿性に乏しい合成繊維プラスチックは電気絶縁性が高く(体積固有抵抗1011~1017Ωcm),摩擦などで静電気を発生しやすく,一度帯電するとその静電気はなかなか逃げない。冬季の乾燥した場所では天然繊維や紙でも帯電することがある。帯電するといろいろな問題が発生する。たとえば,紡績工程で繊維が帯電すると機械に付着し,糸をつくることが困難となり,またプラスチックフィルムなどでは成形加工や巻取りが困難となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

帯電防止の関連情報