コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シータテハ しーたては

2件 の用語解説(シータテハの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シータテハ
シータテハ

キタテハ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シータテハ
しーたては / C
comma butterfly
[学]Polygonia calbum

昆虫綱鱗翅(りんし)目タテハチョウ科に属するチョウ。北海道より九州にわたって分布するが、寒地性の種で、日本の西南部では山地性のまれな種となる。国外では朝鮮半島、中国、台湾(高地帯)からヨーロッパにかけて欧亜大陸の北部に広く分布する。はねの開張55ミリメートル内外。普通、1年に2回発生で、夏型は6~8月、秋型は8、9月に出現、はねの縁の凸凹は秋型のほうが強い。シータテハの和名は、後ろばね裏面中央の銀色のC字状紋による。飛び方が速く、日光を浴びて路上にはねを開いて静止することが多く、花や樹液にもくる。幼虫の食草はニレ科のハルニレ(代表的食草)、アキニレ、エノキ、アサ科のホップ、カラハナソウ、ユキノシタ科のスズスグリ、イラクサ科のホソバイラクサ、アカソなど。越冬態は成虫である。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシータテハの言及

【キタテハ】より

…成虫は花にもくるが,夏以降は樹液や腐熟果に好んで集まる。 近縁種にシータテハP.calbum(英名comma)がある。旧北区に広く分布し,前種よりやや翅が細く,茶色が濃い。…

※「シータテハ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シータテハの関連情報