コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シートン シートンSeton, Ernest Thompson

6件 の用語解説(シートンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シートン
シートン
Seton, Ernest Thompson

[生]1860.8.14. サウスシールズ
[没]1946.10.23. ニューメキシコサンタフェ
アメリカ博物学者,作家。イギリスに生れ,6歳のときカナダに渡り,カナダ南部の森林地帯で育った。野生動物の生態を調べ,『私の知っている野生動物たち』 Wild Animals I Have Known (1898) 以下多くの愛情あふれる動物記を発表,みずから描いた挿画を添えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シートン(Ernest Thompson Seton)

[1860~1946]米国の作家・画家・博物学者。英国の生まれ。カナダで育ち、のちに渡米。野生動物の生態を観察、研究。自筆の挿絵を入れた「動物記」で名高い。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

シートン

米国の作家,画家。英国生れ。1866年―1879年カナダの森林地で生活,のちカナダ,英国で学ぶ。野生動物を描いた《私が知っている野生動物》(1898年)などの《動物記》が有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シートン【Ernest Thompson Seton】

1860‐1946
アメリカの作家,ナチュラリストインディアン研究家,画家。イギリスに生れ,カナダで青年期を過ごしてのちアメリカに移住。挿絵画家としてスタートしたが,動物物語《私が知っている野生動物》(1898)で作家の地歩を固め,以後,一般に《シートン動物記》の名称で親しまれている動物物語をつぎつぎと発表。同時に動物とインディアンについての野外調査を進め,多くの著作を残した。動物の生態に関する4巻の著作《狩猟動物の生活》(1925‐28)でエリオットゴールドメダルを受賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

シートン【Ernest Thompson Seton】

1860~1946) アメリカの作家・博物学者。イギリス生まれ。動物の生態を観察・研究し、多くの動物文学を挿絵とともに書き、「シートンの動物記」としてまとめた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シートン
しーとん
Ernest Thompson Seton
(1860―1946)

アメリカの動物文学作家、画家。スコットランドに生まれ、6歳から数年間をカナダの奥地で過ごし、自然に親しんだ。のちに、トロントロンドン、パリで博物学と絵画を修業し、1893年アメリカに渡った。若いころから野生動物に関する観察記録をもとに動物物語を書いていたが、1898年に8編の作品を集めた『私の知っている野生動物』を出版、一躍有名になり、この書物も不朽のベストセラーとなった。その後も次々と、『シートンの動物記』として知られる動物文学の傑作を発表し、1928年にジョン・バロウズ・メダルを受けた。その作品には、自らが描いた多くの挿図が添えられている。自然保護青少年の自然教育にも功績があり、ボーイスカウトの創設にも参画し、1910~1916年その初代団長を務めた。動物文学のほかに、動物の生態に関するより博物学的な著作『狩猟動物の生活』(1925~1928)、自叙伝『芸術家・博物学者の足跡』(1940)がある。[八杉貞雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシートンの言及

【昆虫記】より

…当時のフランスの官僚的アカデミズムの偏見に抗しつつ,1個の在野的〈科学の詩人〉がかちとった自然観察の成果を示すとともに,すぐれた動物文学の古典としてひろく愛読されるにいたった。古来のさまざまな動物寓話と,いわば倫理学の侍女として発達してきた動物学の系譜は,この《昆虫記》や,日本で《動物記》として知られているE.T.シートンの動物文学などによって,初めて近代的な科学的・文学的総合にまで高められたといえるが,これら動物文学になお残存する時代おくれの擬人主義には警戒を要する。しかしシートンの《動物記》が,その科学的観察の背後に,擬人的英雄主義のひずみを蔵しているのにくらべ,《昆虫記》には擬人主義をつとめて修辞的擬人法の範囲内にとどめようとする努力が見られ,その点,本書の科学書としての価値を過小評価してはならない。…

【児童文学】より

… そのほかの諸国からひろうと,スイスのJ.シュピーリの《ハイジ(アルプスの少女)》(1881)とウィースJ.R.Wyssの《スイスのロビンソン》(1812‐13),ハンガリーのF.モルナールの《パール街の少年たち》(1907),チェコスロバキアのK.チャペックの《童話集》(1932)が見落とせない。【瀬田 貞二】【菅原 啓州】
[カナダ,オーストラリア,ニュージーランド]
 カナダにはL.M.モンゴメリーの《赤毛のアン》(1908)があるが,本領はE.T.シートンやロバーツG.D.Robertsによって19世紀末から開拓された動物物語にあり,その伝統はモワットF.Mowat《ぼくのペットはふくろう》(1961),バンフォードS.Bunford《信じられない旅》(1977)に息づいている。オーストラリアの近年の児童文学の隆盛はめざましい。…

【博物学】より

…アメリカでは全博物図鑑中の最大傑作といわれるJ.J.オーデュボン《アメリカの鳥類》がほぼ同時期に出版されている。一方,博物学書は文芸作品と同じ感覚でも鑑賞されるようになり,G.ホワイトの《セルボーン博物誌》を先駆けとして,J.H.ファーブル《昆虫記》やE.T.シートン《動物記》のような人気作品が書かれた。 20世紀にはいると博物学は,生物学プロパーというよりもむしろ専門家でない自然愛好者が手がける分野と考えられるようになり,記述の学あるいは自然観察の学の全般的衰退をみるに至った。…

※「シートン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

シートンの関連キーワード万延マイブリッジ有村次左衛門小野善右衛門佐久良東雄堀利煕森石松石英粗面岩井伊直弼李朝

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シートンの関連情報