コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジブラーン・ハリール・ジブラーン ジブラーン・ハリール・ジブラーン Jibrān Khalīl Jibrān

2件 の用語解説(ジブラーン・ハリール・ジブラーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジブラーン・ハリール・ジブラーン
ジブラーン・ハリール・ジブラーン
Jibrān Khalīl Jibrān

[生]1883.1.6. レバノンブシャーリー
[没]1931.4.10. ニューヨーク
アラブの文学者,画家。幼時に母とアメリカに移り,ボストンに住んだ。 1908~10年パリに留学して絵を学んだのちニューヨークに居住。アラビア語フランス語,英語を通じての教養を兼ねそなえ,英語での著述も少くない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジブラーン・ハリール・ジブラーン
じぶらーんはりーるじぶらーん
Jibrn all Jibrn
(1883―1931)

レバノンの作家。レバノンのブシェッリーという町の名家に生まれる。のちにアメリカに渡り、ボストンからニューヨークに移り、その地で没する。恵まれた才能を余すところなく発揮し、作家、瞑想(めいそう)的詩人として活躍し、さらには絵画においても秀作を残した。ジブラーンが紡ぎ出すことばには、英知と神秘性、さらに音楽的な響きがあり、読者の心のひだをいやおうなく震わせるものがある。著作は『抗(あらが)う魂』(1948)、『涙と微笑』(1950)、『折れた翼』(1952)など数多いが、彼の名を不朽にしたのは『予言者』(1923)であり、『予言者』のジブラーンといわれるほどである。この作品は彼固有の霊的世界に人間の魂を解き放ち、深い洞察を加えたもので、アメリカの若き迷える世代に導きの手を差し伸べ、大きな影響を与えた。[奴田原睦明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジブラーン・ハリール・ジブラーンの関連キーワードレバノンレバノン内戦のんやほ節ユニフィルレバノン杉レバノン戦争レバノンとヒズボラレバノン情勢レバノンシーダーレバノンスギ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone