コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジメチルアミノベンズアルデヒド dimethylaminobenzaldehyde

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジメチルアミノベンズアルデヒド
dimethylaminobenzaldehyde

化学式 (CH3)2NC6H4CHO 。通常は淡黄色の粒状晶。融点 74℃。光によって桃色に変る。水にわずかに溶け,アルコールにはよく溶ける。塩酸に溶け,濃塩酸溶液はウロビリノーゲンの検出試薬として用いられる。アルコール溶液はアルカリ性で活性メチレンをもつ化合物と反応して呈色し,インドールやピロール誘導体の検出に用いられる (いずれもエールリヒ反応と呼ばれることがある) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ジメチルアミノベンズアルデヒドの関連キーワードケトンヘキサンアルカンカルボン酸カコジル超共役吉草酸エチニル化構造異性メチル水銀