コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウロビリノーゲン ウロビリノーゲン urobilinogen

4件 の用語解説(ウロビリノーゲンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウロビリノーゲン
ウロビリノーゲン
urobilinogen

胆汁色素のビリルビンが腸管内で腸内細菌によって還元されて生じる無色の物質。空気中で酸化されやすく,褐色のウロビリンに変る。このウロビリンとウロビリノーゲンをまとめてウロビリン体という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウロビリノーゲン(urobilinogen)

腸に胆汁として排出されたビリルビンが腸内細菌によって還元されて生成する無色の物質。大部分は便へ排出されてウロビリンとなるが、一部は腸で吸収されて再び肝臓に戻り、尿中にも排出される。肝機能障害などでは尿中への排出量が増加する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ウロビリノーゲン

 酸化されると黄色のウロビリンとなる化合物であるが,これ自体は無色の化合物.L-,I-,D-ウロビリノーゲンの3種が知られている.胆汁色素であるビリルビンが腸内で細菌によって還元されて生成する.一部は再吸収されて肝臓へ運ばれ,一部は糞へ排泄される.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ウロビリノーゲン【urobilinogen】

胆汁中のビリルビンが腸内細菌で還元されて生成する物質。 → 尿中にようちゆうウロビリノーゲン

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウロビリノーゲンの言及

【ウロビリン】より

…化学式はC33H42O6N4。無色のウロビリノーゲン(ヘモグロビンなどに含まれるポルフィリンの代謝産物であるビリルビンの還元により生成される)が酸化されて生成する。胆液に含まれ,糞(ふん)の一部として排泄される。…

【ビリルビン】より

…化学的性質もかなり異なっている。胆汁により腸管に排出された抱合型ビリルビンは,腸内細菌により還元されてウロビリノーゲン体を形成する。これらは一部は再吸収されて,肝臓から胆汁へ,あるいは血清から尿中へ排出される。…

※「ウロビリノーゲン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウロビリノーゲンの関連キーワードタウロコール酸胆汁酸デオキシコール酸黒胆汁質胆汁質一次胆汁酸胆汁アルコール胆汁酸塩胆汁ミセル二次胆汁酸

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone