コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドール Indore

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インドール
Indore

インド中部,マディヤプラデーシュ州西部の都市。同州第一の都市で,インドール県の行政庁所在地。ボパールの西南西約 167km,ビンディア山脈北斜面の高度 544mに位置し,サラスワティ川に面する。 1715年に建設され,1815年からインドール藩王国の首都,その後マディヤバーラト藩王州連合の夏季の首都となった。ガンジス川流域平野からムンバイ (ボンベイ) に通じる最短交通路上の要地で,19世紀から州西部の交易の中心地として発展。コムギ,綿花,ラッカセイなどの集散と綿工業が盛ん。インドール大学,アーグラ大学のカレッジなどがあり,幹線鉄道と空路でデリー,ボパール,ムンバイと結ばれている。人口 108万 6673 (1991) 。

インドール
indole

コールタール,ジャスミン油腐敗蛋白質や人中に存在する。特有の強い糞臭をもつが,希薄状態にすると新鮮な花香を感じさせる。無色小葉状晶。融点 53℃。染料アルカロイドなどの合成原料,ジャスミン油,橙花油などの花精油の調合に使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

インドール(indole)

ジャスミン油・コールタール・腐敗たんぱく質・哺乳類の排泄(はいせつ)物に含まれる物質。複素環式化合物の一種。無色の小葉状結晶。糞臭(ふんしゅう)の原因であるが、希薄なときは芳香として感じられ、香料の原料。

インドール(Indore)

インド中央部、マディヤプラデシュ州の都市。同州最大の都市であり、商工業の中心地。18世紀にホールカル藩王国の都が置かれ、英国統治時代は軍の駐屯地になった。周辺は綿花地帯が広がり、紡績業が盛ん。藩王の宮殿やコロニアル様式の旧庁舎などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

インドール【Indore】

インド中部,マディヤ・プラデーシュ州西部の同名県の県都。ガンガー(ガンジス)川中流域から西海岸に向かう交通路のデカン高原上の要衝で,人口109万2000(1991)。ムガル帝国の衰退期,1733年にマルハール・ラオ・ホールカルが,マラーター人のペーシュワー(宰相)から領地を奪い都を定めた。19世紀に入りイギリス勢力と対立が進むなかで,1818年には東インド会社保護下のホールカル藩王国の主都となった。

インドール【indole】

複素環式芳香族化合物の一つで,2,3‐ベンゾピロール,1‐アザインデン,1‐ベンズアゾールなどと呼ばれる。1866年J.F.W.A.vonバイヤーがインジゴの構造研究の際はじめて見いだし,インジゴにちなみ命名された。コールタール,ジャスミン油などの花精油,哺乳類排出物などの中に存在する。スカトールとともに糞臭の原因になっているが,純粋で微量の場合には芳香をもつ。揮発性の無色の葉状晶,融点53℃,沸点253℃。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

インドール【indole】

タンパク質の腐敗によって生じ、また、哺乳類の排泄物やコールタール中に含まれている二環式化合物。化学式 C8H7N 特有の臭気をもつが、微量では芳香として感じられる。無色の葉状結晶で、アルコール・エーテルに溶け弱酸性を示す。実験室的にはオルト-ニトロトルエンから合成され、香料やアルカロイドの合成原料として重要。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

インドールの関連キーワードインドール(複素環式芳香族化合物)ジメチルアミノベンズアルデヒドモウセンゴケ(毛氈苔)ライマー=チーマン反応フェニルヒドラゾンエールリッヒ反応トリプトファン釣藤鉤・釣藤鈎植物生長調節剤インドメタシンホールカル家マヘシュワルトリプタミンショラープルラトラームマーンドゥマンダソルニコチン酸オーキシンヨヒンビン

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インドールの関連情報