コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャコウソウ Chelonopsis moschata Miq.

2件 の用語解説(ジャコウソウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジャコウソウ【Chelonopsis moschata Miq.】

山地の林の中や谷間の草地に生えるシソ科の多年草イラスト)。全草に芳香があるところからこの名があるといわれている。茎は株立ちになって長さ50~100cm,あまり分枝せず,多くは斜めに立ち上がっている。葉は対生し,長倒卵形で鋸歯があり,まばらに毛があって基部は狭くなってやや耳状になる。花は8~9月ころ,葉腋(ようえき)に1~3個ずつつき,短い柄があって長さ4~5cm。萼は鐘形で果時にはやや球状にふくらむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャコウソウ
じゃこうそう / 麝香草
[学]Chelonopsis moschata Miq.

シソ科の多年草。茎は高さ0.5~1メートル、分枝しないで多くは斜めに傾く。葉は対生し、狭倒卵形で鋸歯(きょし)があり、長さ10~20センチメートル。先は鋭くとがり、基部はやや細くなって耳状となる。8~9月、上部の葉腋(ようえき)から短い柄を出し、その先に1、2個ずつ淡紅色の花を開く。花冠は筒状で長さ4~4.5センチメートル。開口部は二唇形となってやや白く、上唇は短く、下唇は3裂し、中裂片は大きくて先が浅く2裂する。萼(がく)は鐘形で、果実ができるころになると長さ1.5~1.8センチメートルとなる。山地の谷間に生え、北海道から九州に分布する。近縁のタニジャコウソウC. longipes Makinoは花柄が長く、花は紅紫色。関東地方以西の本州から九州に分布する。ジャコウソウ属は、日本と中国に13種分布する。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャコウソウの関連キーワード秋桐宝鐸草松虫草山薄荷秋丁子扇蔓鈴香薷蔓夏枯草柊草山地黄

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジャコウソウの関連情報