コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャポニカ米 ジャポニカまいOryza sativa var. japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャポニカ米
ジャポニカまい
Oryza sativa var. japonica

イネアジアイネ)の一種。日本型ともいう。日本や朝鮮半島,中国の一部など,温暖で適度に雨が降る地域での栽培が適している。世界の生産量のうち 2割に満たない。弥生時代以来,日本の農耕文化基軸となってきた。粒が丸みを帯びて短い。炊いたり蒸したりして食べるのが一般的で,熱を加えると粘り気がでる。デンプン性質の違いによって,もち米粳米(うるちまい)とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ジャポニカ‐まい【ジャポニカ米】

Japonica rice》日本で多く栽培されている米。短粒で、炊くと粘りけがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジャポニカ米の関連情報