ジャムシ(蛇虫)(読み)ジャムシ(英語表記)Neanthes virens

世界大百科事典 第2版の解説

ジャムシ【ジャムシ(蛇虫) Neanthes virens】

多毛綱ゴカイ科の環形動物で,小型のヘビくらいの大きさになり,また生殖時期に体をくねらせながら泳ぐようすもヘビに似ているところからこの名がある。北方種で,日本では北海道から東北地方に生息しており,オホーツク海,ベーリング海,アイスランド,ノルウェーなどにも分布している。体長90cm,いぼ足を含んだ体幅4.5cm,240~270剛毛節になる。しかし,ふつうは15~40cmくらいが多い。背面は光沢のある青色で,いぼ足は黄色。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android