ジャンロラン(英語表記)Jean Lorrain

20世紀西洋人名事典 「ジャンロラン」の解説

ジャン ロラン
Jean Lorrain


1855 - 1906
フランスの詩人,物語作家,劇作家,ジャーナリスト
本名Paul Duval。
「クーリエ・フランセ」紙、「ジュールナル」紙等に協力。罪人娼婦などの悪徳への嗜好を意識し、又底辺に郷愁を求める欲求が現れている。作品は代表作「ブーグルロン氏」(1897年)で、念入りで輝かしい用語で悪の陶酔、博学な背徳の場面を描写した。作品に詩集「燃ゆる影」(1897年)、「秋の魂」(1897年)、「老女学校」(1905年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android