ジョセフ グラセー(英語表記)Joseph Grasset

20世紀西洋人名事典「ジョセフ グラセー」の解説

ジョセフ グラセー
Joseph Grasset


1849.4.18 - 1918.7
フランスの医学者。
元・モンペリエ大学教授,元・フランス語圏精神神経学会議会長。
モンペリエ生まれ。
モンペリエ大学の教授を勤め、病理学、一般治療学を教える。またフランス語圏精神神経学会議の会長を勤める神経病の権威でもある。さらに脳、神経、脊髄の疾患の研究に携わり、催眠術、降神術、秘学術等も研究。著書に「Anatomie clinique des centres nerveux」(1900年)、「Les limites de la Biologie」(’02年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android