ジョン・F. エンブリー(英語表記)John F. Embree

20世紀西洋人名事典の解説

ジョン・F. エンブリー
John F. Embree


1908 - 1950
米国の文化人類学者。
農民社会(ペザント社会)の研究で知られ、1935〜36年にかけて日本の熊本において農村調査を行い、その成果を日本最初の人類学者による農村調査として知られる「須恵村」(’39年)を著作した。彼はさらに東南アジアの研究も行い、ユニークな着想で注目された「タイ国―弛緩した構造をもつ社会体系」(’50年)を著した。その後、「弛緩した社会」という言葉はタイ社会研究者の間では一種の古典的表現となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android