ジンクス(英語表記)jinx

翻訳|jinx

デジタル大辞泉の解説

ジンクス(jinx)

縁起のよい、または悪い言い伝え。また、縁起をかつぐ対象とする物事。「緒戦は勝てないというジンクスがある」「ジンクスを破る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ジンクス【jinx】

因縁のように思う事柄。縁起。本来は縁起の悪い物事をいうが、近年では縁起の良い物事を言う場合もある。 「 -を破る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジンクス
じんくす
jinx

アメリカ起源のことばで、本来は縁起の悪い物事をいうが、一般には善悪を限らず、縁起を担ぐ対象となるすべての事象をいう。古代ギリシアで、魔術に使った鳥の名jugxに由来し、不吉なことや人力の及ばない運命的な物事や定めを意味している。一種の俗信で、キリスト教徒の間で13日の金曜日が不吉な日として忌み嫌われ、日本では四の数が死に通じるとして病院などの施設で室番号から外されているのがその一例であるが、スポーツ選手や棋士などといった勝負を争う人々の間にはとくに盛んで、種々さまざまなジンクスがある。たとえば、試合の前に不吉とされる黒ネコに会うとその試合を落とすとか、途中で人の嫌う霊柩(れいきゅう)車にあえばその試合に勝つといった類(たぐい)で、その因果関係は甚だ希薄で、たまたま偶然が重なった結果であったりして、きわめて個人的な事情による場合が多い。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ジンクス

〘名〙 (jinx 英語では、縁起の悪い人、ものをいう) 縁起の悪いこと、または縁起の良いこと。また、縁起をかつぐ対象となるものごと。
※問答有用(1951‐61)〈徳川夢声〉小西得郎「二年目のジンクスといって、来年の稲尾はむつかしいですね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジンクスの関連情報