コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 えん pratyaya

15件 の用語解説(縁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


えん
pratyaya

仏教用語。仏教ではあらゆる存在に固定的実体を認めず,諸条件の寄集ったものと考えるが,その因果関係において,因を助成する間接的原因を縁という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えに【縁】

《「えん(縁)」の「ん」を「に」で表記したもの》えん。ゆかり。ちなみ。和歌では「江に」に掛けて用いることが多い。
「みをつくし恋ふるしるしにここまでもめぐり逢ひける―は深しな」〈・澪標〉

えに‐し【縁】

《「えに(縁)」+強意の副助詞「」から》えん。ゆかり。多く男女間についていう。
「われら二人、なんという薄い―であろう」〈藤村・春〉

えん【縁】

《〈梵〉pratyayaの訳》仏語。結果を生じる直接的な原因に対して、間接的な原因。原因を助成して結果を生じさせる条件や事情。「前世からの
そのようになるめぐりあわせ。「一緒に仕事をするのも、何かのだろう」
関係を作るきっかけ。「同宿したのがで友人になる」
血縁的、家族的なつながり。親子・夫婦などの関係。「兄弟のを切る」
人と人とのかかわりあい。また、物事とのかかわりあい。関係。「金の切れ目がの切れ目」「遊びとはのない生活」
(「椽」とも書く)和風住宅で、座敷の外部に面した側に設ける板敷きの部分。雨戸・ガラス戸などの内側に設けるものを縁側、外側に設けるものを濡れ縁ということが多い。

えん【縁】[漢字項目]

常用漢字] [音]エン(呉)(漢) [訓]ふち へり よる ゆかり えにし よすが
〈エン〉
物のへり。ふち。「縁海縁辺外縁周縁
物事のつながり。かかわりあい。ゆかり。「縁由奇縁絶縁地縁無縁由縁(ゆえん)
婚姻によって生じる関係。親子・夫婦のつながり。「縁故血縁再縁遠縁内縁復縁離縁良縁類縁
仏教で、ある結果を生じる間接的な原因。「縁起因縁(いんねん)機縁宿縁前縁
〈ふち(ぶち)〉「額縁金縁黒縁
[名のり]まさ・むね・やす・ゆか・よし・より
[難読]薄縁(うすべり)所縁(ゆかり)

ふち【縁】

物の端の部分。また、物の周りの、ある幅をもった部分。へり。「がけの」「が欠ける」「帽子の
刀の柄口(つかぐち)の金具。
[用法]ふち・へり――「机のふち(へり)に手をつく」「茶碗のふち(へり)」「崖のふち(へり)」のように、物のまわりやまぎわの部分の意では、相通じて用いられる。◇「ふち」には「目のふちを赤くする」とか、「眼鏡のふち」「額(がく)ぶち」のような、回りの枠をいう使い方もあり、この場合は「へり」は用いない。◇「へり」は、「船べり」「川べり」のように平らなものの周辺部をいうことが多く、さらに周辺部につける飾り物などの意まで広がる。「リボンでへりをつける」「畳のへりがすり切れる」

へり【縁】

池・穴などに接したすぐそば。そのものに入るすぐ手前をさす。「崖(がけ)のに立つ」「川の道」
もののはし。ふち。「机ので肘(ひじ)をうつ」「船
2につけた飾り。特に、畳の長いほうの両端をつつんだ布。
ふち(縁)[用法]

ゆかり【縁/所縁】

なんらかのかかわりあいやつながりのあること。因縁。「縁(えん)も―もない」「文豪―の地」「―の者を頼って上京する」
血縁関係のある者。親族。縁者。
「おのが―、西東合はせて六百人ばかり」〈宇津保・藤原の君〉
《「ゆかりじそ」の略》梅干と一緒に漬け込んだ紫蘇(しそ)の葉を乾燥させて粉にしたもの。飯にふりかけたりする。

よす‐が【縁/因/便】

《「寄す処(か)」の意。古くは「よすか」》
身や心のよりどころとすること。頼りとすること。また、身寄り。血縁者。よるべ。「知人を―に上京する」「身を寄せる―もない」
手がかり。手だて。方法。「今ではもう昔を知る―はない」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えに【縁】

〔「縁えん」の「ん」を「に」で表記したもの〕
えん。ゆかり。 「夕露にひもとく花は玉ぼこのたよりに見えし-こそありけれ/源氏 夕顔

えにし【縁】

〔「えに(縁)」に副助詞「し」の付いたものから〕
えん。関係。つながり。特に、男女の間のえん。 「 -の糸」

ふち【縁】

物の端の、他との境界になる部分。へり。はし。また、そこを取り囲む枠など。 「花びらの-」 「眼鏡の-」 「 -をとる」

へり【縁】

海・川・湖・穴などのふち。きわ。 「池の-に立つ」
物のはし。物のふち。また、そこに付けた飾り。 「本の-がいたむ」 「カーテンに-をつける」 「 -をとる(=縁ニ装飾ヲホドコス)」
畳や薄縁うすべりなどのふちにつけた布。 「 -が切れる」

ゆかり【縁】

何かのつながりや関係があること。縁。縁故。 「岡崎は家康-の地だ」 「縁えんも-もない人」
血のつながる者。親類縁者。 「国の内は、守かみの-のみこそ畏きことにはすめれど/源氏 須磨
赤紫蘇の葉を乾燥させ粉末にしたもの。
菓子の一種。柚ゆずの香りをつけ、砂糖でくるんだあられ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

縁の関連キーワード海道電通四季劇場[海]海老江海岸町海(硯)《海》静(浄)海与謝(佐)海

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

縁の関連情報