コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジーフェルス ジーフェルス Sievers, Georg Eduard

2件 の用語解説(ジーフェルスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジーフェルス
ジーフェルス
Sievers, Georg Eduard

[生]1850.11.25. リッポルツベルク
[没]1932.3.30. ライプチヒ
ドイツの言語学者,音声学者。イェナテュービンゲン,ハレ,ライプチヒの各大学の教授を歴任。『音声学綱要』 Grundzüge der Phonetik (1881) は当時までの音声学の成果の集大成とみることができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジーフェルス
じーふぇるす
Georg Eduard Sievers
(1850―1932)

ドイツの言語学者、音声学者。1870年代以降ライプツィヒを中心に活躍した青年文法学派の世代に属する。イエナチュービンゲン、ハレなどの各大学で教えたのち、1892年以降ライプツィヒ大学教授。その初著『音声生理学綱要――印欧語音論研究序説』(1876)はその後版を改め、最終の第4版『音声学綱要』(1893)は古典的な音声生理学の名著とされる。ほかに『韻律論研究』4巻(1901~19)、『音響分析の方法と目的』(1924)などがある。[松本克己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のジーフェルスの言及

【音声学】より

…つまり(1)話者がいかにして言語音声を発するかを生理的に分析する調音音声学articulatory phonetics,(2)言語音声を音波として物理的に分析する音響音声学acoustic phonetics,さらに(3)聞き手が音声音波をどのように聞き取るか心理的に分析する聴覚音声学auditory phoneticsの3分野に分かれる。(1)の調音音声学は調音活動の観察や実験を通し19世紀末からH.スウィート,ジーフェルスE.Sievers,O.イェスペルセンなどにより綿密に研究され科学として確立されるにいたった。(2)の音響音声学は以前からオシログラフのような器械を使用してきたが,第2次大戦中にスペクトログラフspectrograph(商標であるソナグラフの名が使われることがむしろ多い)という音響分析装置が開発されてから長足の進歩をとげた。…

※「ジーフェルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジーフェルスの関連キーワード怒りっぽいスリッポン埃っぽい尻っぽほっぽ・るミシュコルツタポルツァ怒りっぽい娘トリッチ・トラッチ・ポルカポルツェン岩オッポルツァー,E.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone