コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジーロング ジーロングGeelong

3件 の用語解説(ジーロングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジーロング
ジーロング
Geelong

オーストラリア,ビクトリア州南部,メルボルンの南西 75kmにある同州第2の都市。ポートフィリップ湾西岸に位置する港湾,工業都市。同州西部を後背地として農牧産品 (特に羊毛,小麦) の集散地,輸出港,商工業中心都市,交通結節点として発達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ジーロング(Geelong)

オーストラリア、ビクトリア州南部の港湾都市メルボルンの南西約75キロメートルに位置し、ポートフィリップ湾に面する同州第2の都市。小麦、羊毛の積出港であり、自動車工業石油精製業が盛ん。ジーロン。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジーロング
じーろんぐ
Geelong

オーストラリア、ビクトリア州中部、同州第二の都市。メルボルンの南西、道路で75キロメートルの距離にある。人口12万5382(1996)、ジーロングを含む大ジーロングGreater Geelong市の人口18万4331(2001)。ポート・フィリップ湾に面した工業、港湾都市で、とくに第二次世界大戦後に発展した。石油精製(1959年開始)、アルミニウム精錬(同1960年)、自動車(同1925年)をはじめ、工業が発達する。港は同国有数の小麦輸出港である。1838年入植。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone