コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジーロング Geelong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジーロング
Geelong

オーストラリア,ビクトリア州南部,メルボルンの南西 75kmにある同州第2の都市。ポートフィリップ湾西岸に位置する港湾,工業都市。同州西部を後背地として農牧産品 (特に羊毛,小麦) の集散地,輸出港,商工業中心都市,交通結節点として発達。特に第2次世界大戦前からの自動車工業 (1925) ,ガラス工業 (37) に,戦後は石油精製石油化学 (59) ,アルミニウム精錬 (60) をはじめ多くの重化学工業が加わり,同国有数の工業都市として発展している。国内各地に石油製品を移出する。繊維工業研究所,ディーキン大学などがあり,教育の中心地。周辺に海浜保養地がある。人口 14万 9000 (1989推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ジーロング(Geelong)

オーストラリア、ビクトリア州南部の港湾都市メルボルンの南西約75キロメートルに位置し、ポートフィリップ湾に面する同州第2の都市。小麦、羊毛の積出港であり、自動車工業、石油精製業が盛ん。ジーロン。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジーロング
じーろんぐ
Geelong

オーストラリア、ビクトリア州中部、同州第二の都市。メルボルンの南西、道路で75キロメートルの距離にある。人口12万5382(1996)、ジーロングを含む大ジーロングGreater Geelong市の人口18万4331(2001)。ポート・フィリップ湾に面した工業、港湾都市で、とくに第二次世界大戦後に発展した。石油精製(1959年開始)、アルミニウム精錬(同1960年)、自動車(同1925年)をはじめ、工業が発達する。港は同国有数の小麦輸出港である。1838年入植。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジーロングの関連キーワードケアリー(Peter Carey)ビクトリア(オーストラリア)オーストラリアデ・ロバートモリソン谷内

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android