コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スイダス スイダス Sūidās

2件 の用語解説(スイダスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スイダス
スイダス
Sūidās

10世紀末頃ビザンチンで編纂された百科全書的辞書。『スーダ』 Sudaともいう。ギリシアの文学と歴史に関する多くの貴重な項目を含み,失われた作品からの無数の断片を伝えている。古代の辞書,古注,歴史家や文学研究者の抜粋,ミレトスヘシュキオス人名事典などから事項を集め,また原典については,ホメロスとその古注,ソフォクレスアリストファネス,『ギリシア詞華集』からは直接に,その他は後世の抜粋集から引用している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スイダス【Souidas】

10世紀末にビザンティン帝国で編纂された古代ギリシア文化についての百科事典。名称は正しくはスダSoudaである。典拠として,従前からあったハルポクラティオン等の辞典類やビザンティン時代の摘要集ばかりでなく,ホメロス,ソフォクレス,アリストファネスらへの古注の記事や,ヘシュキオスの人名事典も利用されており,断片的にではあっても古代における古典研究の成果を伝えている貴重な資料となっている。ルネサンス時代に西ヨーロッパにギリシア古典を伝えたビザンティンの学者にも,好んで参考書として用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スイダスの関連キーワードビザンチン建築ビザンチン帝国ビザンチウムビザンチン文化ビザンティウムビザンティン帝国大語義字典テオドロス[1世]ビザンティン音楽ビザンティン文学

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone