コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スイッチOTC すいっちOTC/すいっちおーてぃーしーswitch over the counter

知恵蔵の解説

スイッチOTC

スイッチOTCとは、元来医療用医薬品として使われていた成分の有効性安全性などに問題がないと判断され、薬局で店頭販売できる一般用医薬品に転換(スイッチ)されたもの。例えば1983年には解熱鎮痛剤やみずむし薬など、97年には胃痛や胸やけ、胃もたれなどに効能を持つH2ブロッカー(ヒスタミンH^2受容体拮抗剤)のシメチジンやフェモチジン、塩酸ラニチジンが承認された。近年では塩酸テルビナフィンが販売されている。厚生労働省による承認の条件は、「安全性が高く、効果に実績があって使い方が分かりやすいこと」である。一方、ダイレクトOTCとは、医療用医薬品としては使用経験のない新成分を含む一般用医薬品。例えば、壮年の発毛・育毛などに効果があるとするミノキシジル(商品名「リアップ」)が、99年から発売されている。

(澤田康文 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

百科事典マイペディアの解説

スイッチOTC【スイッチオーティーシー】

医療機関専用の薬を,一般の人でも買える大衆薬として転用したもの。薬局のカウンター越し(OTC=over the counter)に買えるように,転用switchされたという意味。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

スイッチOTCの関連キーワードセルフメディケーション税制セルフメディケーションみずむしなどの治療薬スイッチOTC医薬品スイッチOTC薬ラミシールAT要指導医薬品医薬品工業スイッチ薬OTC薬

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スイッチOTCの関連情報