コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカシガイ Macroschisma sinense; Chinese key-hole limpet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スカシガイ
Macroschisma sinense; Chinese key-hole limpet

軟体動物門腹足綱スカシガイ科。殻口長径 2.5cm,殻口短径 1.2cm,殻高 0.8cm。殻は鳥追笠形で前後に長く,殻頂の前方寄りには楔形の大きな穴がある。殻表は灰黒色から紅色までさまざまであるが,内面は白色。軟体はナメクジ形で,その前方背上に体に比して小さい殻が乗る。殻頂の穴からは水管を突き出す。夏にゼラチン質塊状の卵を産む。佐渡島房総半島より九州地方朝鮮半島,中国沿岸の潮間帯の岩礫底にすむ。近縁種ヒラスカシガイ M.dilatatum は殻がやや前後に短く,殻頂の穴が後方に寄る。(→腹足類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スカシガイ
すかしがい / 透貝
Chinese keyhole limpet
[学]Macroschisma sinense

軟体動物門腹足綱スカシガイ科の笠(かさ)形貝。軟体はナメクジ状、前方の背中に殻がのっていて、中央にある穴から水管を出している。房総半島以南から九州および韓国、中国沿岸の潮間帯付近の岩礁にすむ。殻長25ミリメートル、殻幅12ミリメートル、殻高8ミリメートルほどである。前後に丸みのある長方形で、前端近くから後方へくさび形の穴があり、後方へ狭くなる。殻表は灰黒色から暗紅色。内面は白い。夏季にゼラチン状の卵塊を石の上に産み付ける。近縁種のヒラスカシガイM. dilatataは本種に似るが、殻は短く幅広で薄く、穴は中央に寄っている。スカシガイとともに分布している。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スカシガイの関連キーワード甲高透貝透かし貝千鳥笠浅天蓋平透貝葛屋貝裾欠貝透貝

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android