コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スギノリ(杉海苔) スギノリ Gigartina tenella

2件 の用語解説(スギノリ(杉海苔)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スギノリ(杉海苔)
スギノリ
Gigartina tenella

紅藻類スギノリ目スギノリ科の海藻。潮間帯の岩上やタイドプールなど比較的に浅いところに叢生する。藻体は軟骨膜状,幅1~2mm,両縁から羽状の分岐を生じ,全長は5~12cmとなる。暗紅色をしているが日陰に生じているものでは瑠璃 (るり) 色のケイ光を放つのがみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スギノリ【スギノリ(杉海苔) Gigartina tenella Harvey】

寒海域を除く日本各地沿岸の潮間帯の岩上に生育する紅藻綱スギノリ科スギノリ属の1種(イラスト)。体は線状,やや扁圧で,高さ5~12cmとなり,両縁から先のとがった枝を平面的に出す特徴がある。体色は暗紅色であるが,水中では瑠璃色に光る。成熟した体の縁辺部に多数見られる球形のアワ粒状のものは受精卵から発達した囊果で,内部には果胞子が多数形成される。スギノリに近縁な種に,岩上を横臥(おうが)するように生育するカイノリG.intermedia Suringar,形状がイカの足を連想させるイカノアシG.mamillosa (Good.et Wood.) J.Ag.,葉状の体にいぼ状突起を多数つけるイボノリG.pacifica Kjellm.などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スギノリ(杉海苔)の関連キーワードキリンサイ(麒麟菜)フトモズクフノリ(布海苔)ミル(海松)石畳貝フノリウミゾウメン(海素麵)エゾイシゲツノマタ(角又)フサノリ(房海苔)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone