コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

果胞子 かほうし

大辞林 第三版の解説

かほうし【果胞子】

紅藻類の植物において有性生殖によりできた胞子。無性生殖によるものは四分胞子(単胞子)という。造果胞子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かほうし【果胞子 carpospore】

造果胞子ともいう。紅藻植物において,有性生殖を経て形成される胞子を果胞子と呼び,無性的に生じる胞子(四分胞子単胞子など)と区別する。卵細胞(紅藻植物の卵細胞を特に造果器carpogoniumという)が精子と合体して生じた接合子は配偶体内で発達して果胞子体carposporophyteとなる。この果胞子体が最終的に果胞子を生じるが,受精から果胞子形成までの過程はさまざまな型があり,紅藻植物を分類する場合の重要な特徴となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

果胞子
かほうし
carpospore

紅藻植物の卵細胞を造果器といい、造果器が受精後細胞分裂をして生ずる胞子を果胞子という。ウシケノリ類では、受精した造果器自体が直接分割し、多数個の果胞子を生ずる。真正紅藻類では、受精した造果器から直接果胞子体が発達するか、あるいは造果器の近くに存在する助細胞に受精核を移し、ここから多数の細胞からなる造胞子が形成され、これから果胞子体が発達し、果胞子が生ずる。多くの場合、果胞子の核相は2nであり、果胞子が発芽すると四分胞子体となる。[吉崎 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の果胞子の言及

【胞子】より

…不動胞子は藻類,菌類,コケ植物,維管束植物に広くみられ,一般に動胞子から由来したと考えられる。動胞子は形態やでき方が特徴的であって,紅藻類では果胞子carpospore,四分胞子tetraspore,子囊菌類では子囊胞子ascospore,担子菌類では担子胞子basidiosporeなどとよばれる。コケ植物や維管束植物では単に胞子とよばれる。…

【胞子】より

…不動胞子は藻類,菌類,コケ植物,維管束植物に広くみられ,一般に動胞子から由来したと考えられる。動胞子は形態やでき方が特徴的であって,紅藻類では果胞子carpospore,四分胞子tetraspore,子囊菌類では子囊胞子ascospore,担子菌類では担子胞子basidiosporeなどとよばれる。コケ植物や維管束植物では単に胞子とよばれる。…

※「果胞子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

果胞子の関連キーワードアサクサノリ(浅草海苔)ウシケノリ(牛毛海苔)カワモズク(川水雲)スギノリ(杉海苔)テングサ(天草)ツノマタ(角又)コンコセリスアサクサノリ造果胞子無性生殖ワカメ環帯

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android