コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

果胞子 かほうし

3件 の用語解説(果胞子の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かほうし【果胞子】

紅藻類の植物において有性生殖によりできた胞子。無性生殖によるものは四分胞子(単胞子)という。造果胞子。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かほうし【果胞子 carpospore】

造果胞子ともいう。紅藻植物において,有性生殖を経て形成される胞子を果胞子と呼び,無性的に生じる胞子(四分胞子,単胞子など)と区別する。卵細胞(紅藻植物の卵細胞を特に造果器carpogoniumという)が精子と合体して生じた接合子は配偶体内で発達して果胞子体carposporophyteとなる。この果胞子体が最終的に果胞子を生じるが,受精から果胞子形成までの過程はさまざまな型があり,紅藻植物を分類する場合の重要な特徴となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

果胞子
かほうし
carpospore

紅藻植物の卵細胞を造果器といい、造果器が受精後細胞分裂をして生ずる胞子を果胞子という。ウシケノリ類では、受精した造果器自体が直接分割し、多数個の果胞子を生ずる。真正紅藻類では、受精した造果器から直接果胞子体が発達するか、あるいは造果器の近くに存在する助細胞に受精核を移し、ここから多数の細胞からなる造胞子が形成され、これから果胞子体が発達し、果胞子が生ずる。多くの場合、果胞子の核相は2nであり、果胞子が発芽すると四分胞子体となる。[吉崎 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の果胞子の言及

【胞子】より

…不動胞子は藻類,菌類,コケ植物,維管束植物に広くみられ,一般に動胞子から由来したと考えられる。動胞子は形態やでき方が特徴的であって,紅藻類では果胞子carpospore,四分胞子tetraspore,子囊菌類では子囊胞子ascospore,担子菌類では担子胞子basidiosporeなどとよばれる。コケ植物や維管束植物では単に胞子とよばれる。…

【胞子】より

…不動胞子は藻類,菌類,コケ植物,維管束植物に広くみられ,一般に動胞子から由来したと考えられる。動胞子は形態やでき方が特徴的であって,紅藻類では果胞子carpospore,四分胞子tetraspore,子囊菌類では子囊胞子ascospore,担子菌類では担子胞子basidiosporeなどとよばれる。コケ植物や維管束植物では単に胞子とよばれる。…

※「果胞子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

果胞子の関連キーワード紅藻類褐藻植物紅藻紅藻植物羊歯植物車軸藻植物緑藻植物胞子嚢子嚢胞子植物タンパク質

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone