スクルーティニー(英語表記)Scrutiny

翻訳|scrutiny

世界大百科事典 第2版の解説

スクルーティニー【Scrutiny】

イギリスの文学批評季刊雑誌。1932年,F.R.リービス夫人のQ.D.リービス,L.C.ナイトらを編集者としてケンブリッジ大学を中心に創刊。精密・厳格な批評的基準を求め,文学批評という行為を通じて,一国の文化を高めようという使命感から出発した。時に独善的で,偏狭に陥るはあったが,テキスト精読を通じて,作品の核心に迫り,技法とモラルとの均衡を称揚する一貫した姿勢は,イギリスの批評の水準を向上させるのに貢献した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のスクルーティニーの言及

【リービス】より

…こうした厳格な批評態度は,19世紀のM.アーノルドから受けついだものであるとともに,20世紀という大衆文化の時代にこそ,その平均化に抗して生まれる必然性があった。リービスは自分の信念を批評誌《スクルーティニー》(1932‐53)に盛りこみ,また《現代詩における新方位》(1932),《再評価》(1936)などの単行本により結晶させた。しかし,それが最も強烈に独善的なまでに主張されたのが《偉大な伝統》(1948)である。…

※「スクルーティニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android