スクルーティニー(英語表記)Scrutiny

翻訳|scrutiny

世界大百科事典 第2版の解説

スクルーティニー【Scrutiny】

イギリスの文学批評季刊雑誌。1932年,F.R.リービス,夫人のQ.D.リービス,L.C.ナイトらを編集者としてケンブリッジ大学を中心に創刊。精密・厳格な批評的基準を求め,文学批評という行為を通じて,一国の文化を高めようという使命感から出発した。時に独善的で,偏狭に陥る弊はあったが,テキスト精読を通じて,作品の核心に迫り,技法とモラルとの均衡を称揚する一貫した姿勢は,イギリスの批評の水準を向上させるのに貢献した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のスクルーティニーの言及

【リービス】より

…こうした厳格な批評態度は,19世紀のM.アーノルドから受けついだものであるとともに,20世紀という大衆文化の時代にこそ,その平均化に抗して生まれる必然性があった。リービスは自分の信念を批評誌《スクルーティニー》(1932‐53)に盛りこみ,また《現代詩における新方位》(1932),《再評価》(1936)などの単行本により結晶させた。しかし,それが最も強烈に独善的なまでに主張されたのが《偉大な伝統》(1948)である。…

※「スクルーティニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android