コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スクールゾーン スクールゾーン school zone

4件 の用語解説(スクールゾーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スクールゾーン
スクールゾーン
school zone

学校,幼稚園を中心に,その登下校時に通学・通園道路の交通制限を行うゾーン。学校などから 500m程度まで,通学路などを指定して,時間内の車両通行止め,一方通行,20~30km/h以下の速度制限などが細かく定められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スクールゾーン

歩行者と車の通行を分けて、通学通園時の幼児・児童の安全を図ることを目的に、小学校や幼稚園などのおおむね半径500メートルの範囲で設定。全国に約2万1千カ所(06年4月現在)ある。歩行者の通行実態や道路構造、地域住民の意見を総合的に判断して、車両の通行禁止、一方通行、一時停止、速度規制などの交通規制を実施。道路管理者の協力で標識や歩道、路側帯、カラー舗装の整備などを行っている。

(2007-07-07 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スクール‐ゾーン(school zone)

幼稚園・小学校の通学路指定区域。登下校時、車両の乗り入れが禁止となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

スクールゾーン

school+zone〕
幼稚園児・小学生の通園・通学路として指定され、登下校時に車両の乗り入れが規制される区域。1972年(昭和47)から実施。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スクールゾーンの関連キーワード歩行者用エアバッグ通行手形歩行者路側帯草の根を分けて捜す通行銭ポップアップフード自転車専用道の社会実験歩車分離式信号機自転車の通行に関する警察庁の通達

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スクールゾーンの関連情報