スケアガート貫入岩体(読み)スケアガートかんにゅうがんたい(英語表記)Skaergaard intrusion

世界大百科事典 第2版の解説

スケアガートかんにゅうがんたい【スケアガート貫入岩体 Skaergaard intrusion】

グリーンランド東部のスケアガート半島にある層状貫入岩体。層状貫入岩体のなかで,最も詳細に研究され,岩石学進路に大きい影響を与えた。 この岩体は1930年代のはじめに探検隊によって発見された。その層状構造のために,海上から見ると一見堆積岩のように見えたが,実際は斑レイ岩であった。が南に急角度で傾いた漏斗状の岩体で,長方形の露出面を示し,南北直径が約9.5km,東西の直径が約7kmであり,円錐体積は約500km3に達する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android