コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スコダ スコダ Skoda, Joseph

2件 の用語解説(スコダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スコダ
スコダ
Skoda, Joseph

[生]1805.12.10. ボヘミア
[没]1881.6.13. ウィーン
チェコスロバキアの医師。 K.ロキタンスキーとともに新ウィーン学派の代表者。ウィーン大学に学び,1833年に開業。 46~71年同大学教授。打診,聴診法の確立者として知られる。打診法では,肺炎の場合の気管支音にスコダ空虚音,胞膜滲出液の存在にスコダ水泡音,虚音などの名を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スコダ【Joseph Skoda】

1805‐81
チェコスロバキア出身の医師。チェコではシュコダŠkoda。新ウィーン学派とよばれる医学近代化運動の代表者の一人で,とくに聴打診音での診察法の改革・普及者として知られている。1825年ウィーン大学医学部入学,K.vonロキタンスキーの下で病理学を研究,かたわら聴打診の研究をおこなう。46年教授となり,とくに診察法を教えた。それまでラテン語であったオーストリアの大学医学部の講義を,初めてドイツ語でおこなったことでも知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スコダの関連キーワードシュテファーニクチェコチェコスロバキアモラバチェコスロバキア解体チェコスロバキア共産党チェコスロバキアン・ウルフドッグチェコスロバキア映画チェコスロバキア事件ソ連・チェコスロバキア相互援助条約

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スコダの関連情報