コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スコダ スコダSkoda, Joseph

2件 の用語解説(スコダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スコダ
スコダ
Skoda, Joseph

[生]1805.12.10. ボヘミア
[没]1881.6.13. ウィーン
チェコスロバキアの医師。 K.ロキタンスキーとともに新ウィーン学派の代表者。ウィーン大学に学び,1833年に開業。 46~71年同大学教授。打診,聴診法の確立者として知られる。打診法では,肺炎の場合の気管支音にスコダ空虚音,胞膜滲出液の存在にスコダ水泡音,虚音などの名を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スコダ【Joseph Skoda】

1805‐81
チェコスロバキア出身の医師。チェコではシュコダŠkoda。新ウィーン学派とよばれる医学近代化運動の代表者の一人で,とくに聴打診音での診察法の改革・普及者として知られている。1825年ウィーン大学医学部入学,K.vonロキタンスキーの下で病理学を研究,かたわら聴打診の研究をおこなう。46年教授となり,とくに診察法を教えた。それまでラテン語であったオーストリアの大学医学部の講義を,初めてドイツ語でおこなったことでも知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

スコダの関連キーワードネルソン序曲ムハンマド・アリーネルソンネルソン隠れキリシタン過疎現象と市区町村合併広瀬淡窓と咸宜園穴守稲荷内田五観

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スコダの関連情報