スコダ(英語表記)Skoda, Joseph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「スコダ」の解説

スコダ
Skoda, Joseph

[生]1805.12.10. ボヘミア
[没]1881.6.13. ウィーン
チェコスロバキアの医師。 K.ロキタンスキーとともに新ウィーン学派の代表者。ウィーン大学に学び,1833年に開業。 46~71年同大学教授。打診,聴診法の確立者として知られる。打診法では,肺炎の場合の気管支音にスコダ空虚音,胞膜滲出液の存在にスコダ水泡音,虚音などの名を残した。また L.アウエンブルガー,R.ラエネックらの始めた診療の方法を批判し,これを改革した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「スコダ」の解説

スコダ【Joseph Skoda】

1805‐81
チェコスロバキア出身の医師。チェコではシュコダŠkoda。新ウィーン学派とよばれる医学近代化運動の代表者の一人で,とくに聴打診音での診察法の改革・普及者として知られている。1825年ウィーン大学医学部入学,K.vonロキタンスキーの下で病理学を研究,かたわら聴打診の研究をおこなう。46年教授となり,とくに診察法を教えた。それまでラテン語であったオーストリアの大学医学部の講義を,初めてドイツ語でおこなったことでも知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android