スジマダラメイガ(読み)すじまだらめいが(英語表記)armond moth

日本大百科全書(ニッポニカ)「スジマダラメイガ」の解説

スジマダラメイガ
すじまだらめいが / 条斑螟蛾
armond moth
fig moth
date moth
[学] Cadra cautella

昆虫綱鱗翅(りんし)目メイ科に属する昆虫。はねの開張16ミリメートル内外。前翅はやや暗い灰色、中央より基部寄りのところに白線があり、その外側はぼかしたように黒い。後翅は白色、半透明。幼虫は貯蔵穀物の大害虫で、ほとんど全世界に分布する。年3、4回発生で、幼虫態で越冬する。米、麦、豆、そばなど種々の穀物を糸で綴(つづ)って、その中で外皮を食害する。ほかの害虫が発生し、砕粉ができると、そこに発生することが多い。外米に多発しやすいのは、砕米と粉が多いためで、米糠(こめぬか)にもしばしば寄生する。コナマダラメイガという別名は、粉を好むのに由来する。日本では全国的に発生し、食糧倉庫ばかりでなく、一般家庭の台所にもしばしばみられる。成虫は屋内を飛び、交尾産卵するが、灯火に誘引されない。

[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android