スタリ・ラス(読み)スタリラス

百科事典マイペディアの解説

スタリ・ラス

ユーゴスラビア中南部,ノビ・パザルの近郊にある町。1190年ラシュカ地方のステファン・ネマーニャがネマニッチ王朝の都をこの地に定めた。ステファン・ネマーニャは信仰心があつく,退位後この地に多くのギリシア正教の教会や修道院を創建し,現在その遺跡が残る。13世紀に建てられたソポチャニ修道院もそのひとつで,付属の聖三位一体教会には当時描かれた大フレスコ画があり,1949年−1958年の修復工事で見事に復元された。スタリ・ラスとソポチャニは1979年,世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android