スチムソン・ドクトリン(英語表記)Stimson doctrine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スチムソン・ドクトリン
Stimson doctrine

不承認主義ともいう。不戦条約 (1928) に反する手段を用いてなされたいかなる事態,条約,協定も承認しないとする主張。 1932年1月7日に当時のアメリカの国務長官スチムソンが日中両国に対して発した通牒で述べられた。同年3月 11日,国際連盟総会決議によって連盟加盟国の義務として確認され,同年のチャコ宣言,33年のラテンアメリカ不戦条約などにも採用された。ただしスチムソン・ドクトリンの国際法上の効力については,その一般国際法性を否定する見解が支配的である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android