コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステビンズ Joel Stebbins

1件 の用語解説(ステビンズの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ステビンズ【Joel Stebbins】

1878‐1966
アメリカ天文学者ネブラスカ州に生まれ,カリフォルニア大学に学ぶ。イリノイ大学を経て1922年以後ウィスコンシン大学教授兼ウォッシュバーン天文台台長,ウィルソン山天文台の客員を兼ねた。一生を通じ光電測光天文学の道具として実用化し技術向上させることにつとめ,つねに指導的な立場にいた。初めセレン抵抗,後に光電管を用い,1910年に初めて変光星アルゴルの第2極小を発見して光電測光の威力を示した。B型星の色指数の光電測光から銀河系内の星間物質の分布を決定したり,球状星団や多数の銀河の測光と測色など,彼およびその門下生手になる精密なデータは銀河系や宇宙の基礎資料として高く評価されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のステビンズの言及

【銀河系】より

…球状星団でも,とくに銀河系中心に近い方向にあるものについては,かなりの星間吸収が存在するのである。30年,トランプラーR.J.Trumplerが吸収の事実を明らかにし,ステビンズJ.StebbinsとウィットフォードA.E.Whitfordが36年にこれを球状星団の距離決定にも適用した結果,銀河系の大きさは16万光年×13万光年×11万光年に,また太陽の銀河系中心からの距離は3.3万光年と大幅に修正された。なお球状星団の距離決定に使われること座RR星型変光星の絶対等級の値についても,諸種の議論があり,初期のころは0.0等(写真絶対等級)という値が採用されていたのが,80年代初期現在では,0.6等(実視絶対等級)という値が標準値とされている。…

【銀河系】より

…球状星団でも,とくに銀河系中心に近い方向にあるものについては,かなりの星間吸収が存在するのである。30年,トランプラーR.J.Trumplerが吸収の事実を明らかにし,ステビンズJ.StebbinsとウィットフォードA.E.Whitfordが36年にこれを球状星団の距離決定にも適用した結果,銀河系の大きさは16万光年×13万光年×11万光年に,また太陽の銀河系中心からの距離は3.3万光年と大幅に修正された。なお球状星団の距離決定に使われること座RR星型変光星の絶対等級の値についても,諸種の議論があり,初期のころは0.0等(写真絶対等級)という値が採用されていたのが,80年代初期現在では,0.6等(実視絶対等級)という値が標準値とされている。…

※「ステビンズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ステビンズの関連キーワード東京(都)ニッサン シルビアCSP311型外国人学校国立劇場自動車工業月探査機熱帯擾乱脇往還エアトンメンデンホール

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone