コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストレーザ ストレーザ Stresa

4件 の用語解説(ストレーザの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストレーザ
ストレーザ
Stresa

イタリア北西部,ピエモンテ州ノバラ県,マッジョーレ湖西岸の町。ミラノ北西約 65kmにあり,美しい景観と快適な気候のため保養地として,また会議開催地として有名。家具製造で知られる。 1935年4月にイギリスフランスイタリア3国代表がナチス・ドイツに対する「ストレーザ戦線」を結成した地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ストレーザ(Stresa)

イタリア北西部、ピエモンテ州の町。マッジョーレ湖に面する観光保養地として知られる。ベッラ島マードレ島などボッロメオ諸島をめぐる遊覧船が出ている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ストレーザ【Stresa】

イタリア北部,ピエモンテ州ノバラ県の町。人口5117(1981)。マジョーレ湖西岸の高級保養地で,バロック風の館や多様な樹木の生い茂る庭園で名高いボロメオの島々が目前にひかえている。特に19世紀末から20世紀初頭にかけ上流階級の社交場としてにぎわい,ストレーザ会談など外交の舞台にもなった。近くのモッタローネ山(1491m)の山頂からは南のポー平野も眺望できる。【萩原 愛一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストレーザ
すとれーざ
Stresa

イタリア北西部、ピエモンテ州ベルバーノ・クジオ・オッソラ県の町。人口4820(2001国勢調査速報値)。マッジョーレ湖西岸の標高200メートルの丘上に位置する景勝地、保養地。シンプロン峠に通じる国際的な交通路沿いにある。1935年4月、ドイツ再軍備に対抗して英仏伊の三国がストレーザ会議を開催した。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ストレーザの関連キーワードサボナノバラパッランツァピエモンテヴォ―リットイタリアワインネッビオーロバローロピエモンテ[州]ドモドッソラ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone