コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スネルの法則 スネルのほうそくSnell's law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スネルの法則
スネルのほうそく
Snell's law

光の屈折の法則。 1621年 W.スネルによって初めて提唱された。これは光だけでなく一般の波動についても成立する。波動が等方性の媒質から他の等方性の媒質に入射して屈折する場合,入射面 (入射波の方向と境界面の法線とを含む面) と屈折面 (屈折波の方向と境界面の法線とを含む面) は同一平面にあり,入射角i ,屈折角を r とすれば, sin i/ sin rn (一定) の関係にあり,n を屈折側の媒質の入射側の媒質に対する屈折率という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スネル‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【スネルの法則】

1615年にオランダの天文・物理学者スネル(W.Snell)が発見した、光の屈折現象に関する法則。→屈折の法則

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

法則の辞典の解説

スネルの法則【Snell's law】

一様な媒質Aから別の一様な媒質Bへと光が進行していくとき,境界面の法線と,入射光のなす角 i(入射角)と,屈折光と法線のなす角 r(屈折角)とすると,n=sin i/sin r は入射角によらず一定となる.n は媒質BのAに対する屈折率と呼ばれる.これはオランダの測地学者スネル(W. Snell van Roijen,三角測量法の発明者といわれる)の名によるが,別名をデカルトの法則*という.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スネルのほうそく【スネルの法則 Snell’s law】

オランダのスネルWillebrord Snell van Roijen(1591‐1629)によって確立された光の屈折についての法則。二つの等方性媒質の境界面で,面の大きさが光の波長より十分に広い場合に適用される。 光の屈折においては,(1)光はよじれない,すなわち屈折光は入射光と境界面の法線とがつくる面である入射面内にある,(2)屈折光は境界面とその法線に関し,入射光と反対の側にある,(3)境界面の法線と入射光,屈折光とのなす角をそれぞれ入射角θI,屈折角θDとし,入射側,屈折側の媒質の屈折率をそれぞれnI,nDとするとき, nIsinθInDsinθDが成り立つの三つの性質をもつ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スネルのほうそく【スネルの法則】

光が二つの媒質の境界面で屈折するとき、入射角の正弦と屈折角の正弦との比(屈折率)は一定で、その値は二つの媒質のみによって定まるという法則。光をはじめ一般の進行波の場合に成立する。屈折の法則。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スネルの法則
すねるのほうそく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスネルの法則の言及

【光】より

…入射光線,反射光線,屈折光線が入射点において境界面の法線となす角θIRDをそれぞれ入射角,反射角,屈折角と呼ぶが,θR=θIであり,またsinθI/sinθDn21は入射角によらず一定となる。後者の関係はスネルの法則と呼ばれ,n21を第2媒質の第1媒質に対する相対屈折率と呼ぶ。第1媒質が真空である場合,第2媒質の真空に対する屈折率を絶対屈折率,または単に屈折率という。…

※「スネルの法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スネルの法則の関連キーワードスネル(Willebrord Snell)正弦の法則(光屈折)光(light)フェルマーの原理デカルトの法則物理探査異常光線進行波正弦

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android