コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スノビズム snobbism

翻訳|snobbism

デジタル大辞泉の解説

スノビズム(snobbism)

紳士・教養人を気どったきざな俗物的態度。また、流行を追う俗物根性。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スノビズム【snobbism】

教養人を気どる俗物根性。紳士気どり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スノビズム
すのびずむ
snobbism

俗物根性。見栄(みえ)っ張り、拝金主義、上品ぶりなど、肩書や物欲に支配され、それをもつ人に卑屈になり、もたぬ人を軽蔑(けいべつ)する態度。育ちや学歴をひけらかすこともいう。19世紀イギリスで新興成金の中産階級が増え、紳士気どりの市民がのさばったため、その風潮と俗物を嘲笑(ちょうしょう)してサッカレーが『スノッブ読本』(1848)を書いたことから広く用いられるようになった。[船戸英夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スノビズムの関連キーワードコジェーブヴォーテルスノッブ世紀末

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android