コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スバルジョ Achmad Subardjo

2件 の用語解説(スバルジョの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スバルジョ【Achmad Subardjo】

1897‐1978
インドネシアの政治家。西部ジャワのクラワン生れで,ジャワ貴族の血をひく。1917年バタビア法科学校卒業後,ライデン大学に学び,ハッタらと留学生インドネシア協会を指導する。34年帰国後ジャーナリストとして活躍,35年9月から1年間《マタハリ》紙特派員として東京にも滞在した。日本軍政期には陸軍統治下のジャカルタに設置された海軍武官府に勤務し,〈独立養正塾〉で青年の指導に当たり,また独立宣言発表の舞台づくりにも中心的な役割を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スバルジョ
すばるじょ
Achmad Subardjo
(1897―1978)

インドネシアの政治家。西部ジャワ出身。オランダライデン法科大学留学中から「インドネシア協会」で独立運動に関与。1942年日本海軍武官府の独立養成塾に参加、1945年の独立宣言に際し、スカルノらと急進派青年グループとの仲介に奔走した。同年9月、初代内閣の外相。翌1946年急進派クーデターに関与して逮捕、1948年恩赦。1951年外相、対米MSA協定に独断で調印、内閣総辞職の原因となった。[黒柳米司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スバルジョの関連キーワードインドネシア語インドネシア語派スカルノハッタマレー語GOLKARマレーポリネシア語族インドネシア国家警察改革支援ガルーダ・インドネシア航空機事故押川典昭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone