内閣総辞職(読み)ないかくそうじしょく(英語表記)resignation of all members from the cabinet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内閣総辞職
ないかくそうじしょく
resignation of all members from the cabinet

内閣を構成する内閣総理大臣および国務大臣の全部が同時に辞職すること。日本国憲法によれば,(1) 衆議院内閣不信任決議案を可決し,または信任の決議案を否決した場合において 10日以内に衆議院を解散しないとき (69条) ,(2) 内閣総理大臣が欠けたとき (70条) ,(3) 衆議院議員総選挙ののちに初めて国会の召集がなされたとき (70条) には,内閣は総辞職すべきものとしている。内閣総理大臣以外の国務大臣が個別的に辞職するのは,総辞職とは無関係である。上記以外の場合でも,内閣の目指す重要政策が議会で否決されたり,主要閣僚の不信任決議案が可決されたりした場合に,政治責任をとる趣旨から総辞職はありうる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ないかくそうじしょく【内閣総辞職】

内閣の全国務大臣が一体となって辞職すること。俗に政変ともいう。日本国憲法は衆議院が内閣不信任案を可決(信任案を否決)し,10日以内に同院の解散がないとき(69条),内閣総理大臣が欠けたとき,または総選挙後初の国会召集があったときに(70条),総辞職すべきことを定めている。総辞職は内閣が総理大臣の下で国会に一体として責任を負う連帯責任制の基本的しくみであり,1830年代以降イギリス議会政治の中で政治慣行として確立された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ないかくそうじしょく【内閣総辞職】

内閣を組織する内閣総理大臣と国務大臣が全員同時に辞職すること。衆議院の内閣不信任決議から10日以内に衆議院を解散しない場合、内閣総理大臣が欠けた場合、衆議院総選挙後にはじめて国会の召集があった場合などに行われる。総辞職。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ないかく‐そうじしょく【内閣総辞職】

〘名〙 内閣総理大臣および国務大臣がすべて同時に辞職すること。日本国憲法は、衆議院で内閣不信任決議案を可決し、または信任決議案を否決した場合に一〇日以内に衆議院が解散されないとき、内閣総理大臣が欠けたとき、衆議院議員総選挙の後に初めて国会が召集されたときには必ず総辞職しなければならないと定めている。
※朝野新聞‐明治二五年(1892)八月二日「結局内閣総辞職をなすに至るならんとの説を為すものあれども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内閣総辞職の関連情報