コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スピロ化合物 スピロかごうぶつspiro-compound

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スピロ化合物
スピロかごうぶつ
spiro-compound

スピランともいう。2個の環をもつ有機化合物で,ただ1個の炭素原子が2個の環に共有されている構造をもつ化合物の総称である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スピロ‐かごうぶつ〔‐クワガフブツ〕【スピロ化合物】

1個の原子を2個のが共有する構造をもつ脂環式化合物の総称。共有される原子をスピロ原子という。また、2個の環は直交し、同一平面上にはない。スピラン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スピロ化合物
すぴろかごうぶつ
spiro-compound

2個の環が1個の原子(sp3混成原子)を共有して結び付いている脂環式化合物の総称。スピランspiraneともいう。炭素環をもつもの、複素環をもつものがある。二つの環に共有されている原子はスピロ原子(スピロは螺旋(らせん)状を意味するギリシア語に由来する)とよばれ、炭素、ケイ素、アンモニウム塩の窒素などの例が知られている。二つの環は同一平面上にはなく、互いに直交しているために光学異性体が存在する場合がある。
 スピロ化合物は次の2通りの方法のどちらかにより命名される。最初のスピロ[3.4]オクタン(の(1))の名前は、全体の炭素原子数が8だからオクタンで、中心のスピロ炭素原子に炭素3個の鎖-(CH2)3-の両端と炭素4個の鎖-(CH2)4-の両端が結合し橋架けしてスピロ環をなしていることを表している。2番目のスピロ[1H-インデン-1,3'-ピロリジン](の(2))は1H-インデンの1の位置とピロリジンの3の位置の炭素原子が共有されてスピロ結合している化合物であることを表している。この場合には、両方の環の原子を区別するために、後にくる化合物(この場合ピロリジン)の番号にプライム(')をつけて命名する。[向井利夫・廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のスピロ化合物の言及

【スピラン】より

…2個の環を有する有機化合物で,1個の原子のみが2個の環に共有されている構造をもつものの総称。スピロ化合物spiro‐compoundともいう。名はラテン語のspira(らせん)に由来する。…

※「スピロ化合物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スピロ化合物の関連キーワードピロリジン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android