コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スピーナムランド制度 スピーナムランドせいどSpeenhamland system

世界大百科事典 第2版の解説

スピーナムランドせいど【スピーナムランド制度 Speenhamland system】

1795年にイギリスのバークシャーのスピーナムランドにあるペリカン館で決定された貧民への賃金補助制度で,バークシャー・パン法Berkshire Bread Actとも呼ばれている。この制度は賃金補助制度の代表的なもので,翌96年に制定された法律によって,バークシャーだけでなく南部の農村地帯を中心にほぼ全国的に採用され,貧民救済の新たな方向を示すものとして期待された。しかし結果的には,安易な賃金補助制度の典型的な失敗例に終わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のスピーナムランド制度の言及

【救貧法】より

…さらに95年になると,ナポレオン戦争と凶作のため,農民窮乏が深刻となった。この年バークシャーで行われた賃金補助は,スピーナムランド制度とよばれ,一定基準以下の賃金労働者には救貧税から生活補助金を支出することとした。しかし,このような一見人道主義的改良は労働意欲を低下させ,救貧税負担を増大させる結果となった。…

※「スピーナムランド制度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スピーナムランド制度の関連キーワード救貧法

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android